Archives mensuelles : février 2014

image_pdf

背もたれの高さが低くなりました

みなさんこんにちは

Bonjour

皆様お気づきかもしれませんが、年代によって形が非常に違ってきます。

As you may have noticed, according to the era, the seats shapes are really different.

チェアルイ14世様式

チェアルイ14世様式

 

à la reineのいす

à la reineのいす by Roubo illustration no 226

一つの大きな変化が起きたのは17世紀から18世紀にかけて、背もたれの高さが低くなりました。Roubo(614ページ)によると、高さが3pieds(約90センチ)から18—19 pouces(45—48センチ)に変わりました。何故でしょう?

そこには2つの大きな理由があると言っています。:

One of these notable changes is that between the 17th century and the 18th century, the height of the back of the seat decreased. According to Roubo (page 614), the height of the back came down from 3 pieds (about 90 cm) to 18/19 pouces (45/48 cm). So why ?

For Roubo, there are 2 main reasons to that:

一つ目は、女性も男性もヘアスタイルに気を使うようになったからです。背もたれが頭につくことでヘアスタイルが崩れるのを防ぐために頭よりも低い高さになりました。

The first one is that the women and men care about their haircuts, so the head has to be above the back of the seat to not unmake the hairststyle

二つ目の理由は、当時使われていた、ファンデーションやポマードによって生地を痛めないようにするために背もたれの高さが低くなりました。

The second reason is that, in order to not spoil the upholstery with the powder and the pomade that people were using at that time, they decreased the back height (that the powder and the cream does not come in contact with the fabrics).

Mr.Rouboに敬意を払って

(Thank you mister Roubo.)

 Laurent Philippe Cluet

http://www.laurentcluet.com/home.php

br_c_1441_1

ルイフィリップ様式 アンティーク チェスト

状態がすばらしい、非常に存在感のあるルイフィリップ様式のタンスです。 本体にはオーク材が使われており、天板の重い大理石にも耐えられるしっかりとした作りとなっています。
サイドには松の木、全体にクルミの化粧張りが施されています。 天板部には重量感のある灰色の大理石が使われており、 »Sainte Anne »と呼ばれています。周囲には細かい溝が彫られ背面部は自然そのままの形が残っておりその時代に手作業で作られた名残が見られます。
こちらのモチーフおよび木目を生かすため、仕上げにはニスが使われています。

http://youtu.be/pdPZSzR8iWw

詳細写真はこちらから

http://laurentcluet.com/details.php?ref=LPC009

ホームページ
http://laurentcluet.com/home.php

 

Laurent Philippe Cluet

 

br_c_1441_1

Commode au singe

A Charles Cressent chest:

 

commode-au-singe

 

およそ1740年

Bois de rose (ローズウッド)

Bois de violette(キングウッド)

天板はSarracolinの大理石

Bonne soiree

Laurent Philippe Cluet

br_c_1441_1

 

 

A la reine

皆さんこんばんは

Bonsoir,

 

前回はカブリオレとは何なのかをお話しました。今回は前回と違い背もたれが平面のイスです。このタイプのイスはア ラ レーン“à la reine”と呼ばれます。

本によっていくつかの定義がありますが、基本的には同じ定義をしています。

 

Last time, we saw what a cabriolet seat was. Today, we will see the opposite, which is a seat with a flat back, called “à la reine”. There are few definitions which vary according to the source but basically the following definition is correct:

 

“イスやアームチェアの座部の背間たれが平面(四角形、長方形、楕円形、バイオリン形、など)で、ルイ15世様式とルイ16世様式の特徴となっている”

(Le mobilier domestique, Tome 1, page 48)

 

“Seat (chair or armchair) with a flat back (rectangular, square, oval, violin shape, etc.) which gets the characteristics of the Louis XV or Louis XVI style “

(Le mobilier domestique, Tome 1, page 48)

 

アンティークアームチェアà-la-reine

ルイ16世様式アームチェアà la reine

アンティークチェアà la reine

ルイ16世様式チェア à la reine

アンティークチェアà la reine

Bonne soirée

Laurent Philippe Cluet

br_c_1441_1

木製の合わせ釘(ドウェル)

皆さんおはようございます。

Good morning,

本日は、小さくてシンプルだけれども組み立ての際には無くてはならない木材についてお話しましょう。

この小さな木片、ドウェル(Dowel)は凹部(Mortise)と凸部(Tenon)を組み合わせる際に使用されます。

このドウェルには、四角、長方形、丸、八角形など様々な形があり、他にも円錐やピラミッド形などもあります。

Today, I am talking a bit about a simple piece of wood which is indeed very important in the assemblages. It maintains the tenon and the mortise together, I mean the dowel.

It can be square, rectangular, round or octagonal, or other shapes, and it can be conic or pyramidal.

しかしながら、レストアを行う際には、この組み込まれている凹凸部を取り外す必要があることも多々あります。その際に、ドウェルをいくつか破壊してしまうかもしれません。

So however, sometimes, you need to disassemble the tenon and the mortise for restoration purpose. And it may happen that you break one or more dowel.

 折れた木製の合わせ釘

実は、私も先日オークのダイニングテーブルのレストアで取り外しを行うときにドウェルが壊れてしまい、新しく作りなおしました、

It happened to me with a dining table in oak I disassembled. I had to remake one dowel.

ドウェルを作り直す方法として幾つかあるのですが、今回私は一つだけを作り直す必要があったので、単純に適度な大きさの木材を切り出しました。

きっちりとつくり上げるためには木材の繊維にそって切ることが重要になります。

繊維に対して垂直に切り出してしまうと、外的圧力に対して小さな木片は簡単に壊れてしまうからです。

There are different methods of making a dowel, but this time, as I had only one to remake, I simply cut approximately the peace with the saw.

ノコギリで切られた分

A small precision for those who may not know but you have to take a piece of wood which is parallel to the wood fiber and not perpendicular.  As a small piece of wood taken in plan perpendicular to the fiber does not have the same mechanical characteristics, it would have broken easily.

正しくない方

正しくない方

正しい方

正しい方

 

切り出した、木片をヤスリで調整をして仕上げます。

 I finished adjusting the shape with the rasp.

 ヤスリヤスリで形作られた分

オリジナルのドウェルに比べ多少大きくなります。(オリジナルのドウェルは粉々になっていたこともありますが、経年変化によって縮んでいたことが伺えます。)

It may be little bigger than the original, (as the original one has been smash already and may have also shrank a bit due to its age).

それから、金槌ではなく木槌を使い埋め込んでいきます。もちろん、優しく丁寧に。

Then put it back with a mallet not a hammer. Going gently of course.

色の違いが見て取れると思います。(この際に着色料などは考えてはいけません。)

You can also see there is a difference in the colour (we cannot even talk of stain).

 ルイ15世のテーブルに新しい木製の合わせ釘

元々の木材の色に近づけることも出来ますが、私は使用していただく方に、アンティークである木材と、伝統的なレストアで使われる木材による違いを楽しんでいただきたいと思いそのままにいたしました。

I could have colored it to match the rest, but I preferred like this to allow people to see what was original and what was not.

Laurent Philippe Cluet

br_c_1441_1

Bain marie

Bonsoir tout le monde,

修復するのに足りないものを準備します

so yes it is a 湯煎

bain-marie-Laurent-Philippe-Cluet

中はにかわです

湯煎-ロホン-フィリップ-クルエ

大事なポイント:

にかわは60℃以下守らなきゃいけない

Bonne soirée

Laurent Philippe Cluet

br_c_1441_1