Archives mensuelles : mars 2014

image_pdf

Keep it hot !

皆様こんばんは

Bonsoir,

アンティーク家具のレストアを行うときには、ニカワを使うことがあるかもしれません。

そのときには、出来るだけ、当時から使われていた剥離可能なフィッシュグルーなどのニカワを使用しなければなりません。

When you restore antique furniture, you may have to use glue.

Then as much as possible, you have to use the reversible glue (like the fish glue for example), the same type of glue that were used long time ago and called animal glue .

フィッシュグルーは室温で使用することが出来ますが、例えばナーブグルー(神経膠)やボーングルー(骨膠)などは高い温度で使用する必要があります。

冷たい上体だと、直ぐに固まってしまい使用しづらく、あまりに高い温度だとニカワとしての性質が失われてしまいます。

一番適した使用温度は50-60度になります。

The fish glue can be used at the room temperature but some others, like the nerve’s glue or the bone’s glue have to be used hot.

Cold, they harden quickly, and too hot, the glue will not work anymore. Best temperature is about 50/60 degrees Celsius

このようなタイプのニカワはダブルボイラーを使用して、適正な温度に保つ必要があります。理由としては、何度も温めなおすことでニカワとしての働き、接着力が壊れてしまうからです。

Anyway, this type of glue has to be prepared with double boiler and be kept at the correct temperature because the issue is that, the more you re-heat the glue to liquefy it and the more the quality of the glue will be deteriorated and the sticky power with it.

なので、もしあなたがこのようなトラディショナルタイプのニカワを使う場合には、使用している間、ダブルボイラーを使用し、慎重に水位を正しい位置で使う、もしくは、下で説明するような小さな箱を作ります。

So, if you are using this type of traditional glue, you can keep the container of the glue in the double boiler, during the time you are using it, and be careful that the water level is always correct or, you can make a small box like I am explaining below.

このような箱を使用するメリットとしては、水位を気にする必要もないですし、工房内で動かすことが容易になるからです。

ステップ 1

ステップ 1

ステップ 2

ステップ 2

ステップ 3

ステップ 3

 

ステップ 4

ステップ 4

 

ステップ 5

ステップ 5

step6a-ロホン-フィリップ-クルエ

ステップ 6

ステップ 6

 

ステップ 7

ステップ 7

 

ステップ 8

ステップ 8

 

 

The advantage of this kind of box is that, it is much easier to move around your atelier than the double boiler, and also you don’t need to check water level.

使用している電球は100wの白熱灯で、ニカワが入った容器との距離は、約 4 cmになります。

しかし、このような箱を実際に組み立て使用する前には何度かトライアルを行う必要があります。ニカワの成分や箱の大きさ、そして素材によって大きく温度が変わってくるからです。

The bulb is a 100 watts filament bulb.  And space between top of the bulb and the glue container is 4 cm.

ニカワを暖かく続ける箱a-ロホン-フィリップ-クルエ

温度のチェック

温度のチェック

But if you want to make this kind of box, you have to make some trial before you assembled the box, as the temperature in the glue container, will vary according to many factor like size of box and material for example.

このように、この箱は水を使って温めるよりもはるかに効率の良い方法なんですが、勿論私が考えたものではありません。

私のニカワを暖かく続ける箱 in action.

私のニカワを暖かく続ける箱 in action.

こちらはM. François Germond, “L’ ébenisterie, Technologie et pratique” という本の99ページ目から見つけました。

So of course it is a very good idea, but indeed it is not mine. I saw it in a one of the book of M. François Germond, “L’ ébenisterie, Technologie et pratique” page 99.

M. Francois Germond, “L’ ébenisterie, Technologie et pratique” ページ 99.

M. Francois Germond, “L’ ébenisterie, Technologie et pratique” ページ 99.

Bonne soirée

Laurent Philippe Cluet

http://www.laurentcluet.com/

br_c_1441_1

Scie à queue d’aronde

Bonjour,

a very nice scie à queue d’aronde,

英語でdovetail sawと言います。

 

アトリエ - Laurent Philippe Cluet

The use of gloves avoids to leave acid from the skin on the blade, to prevent the development of rust on the tool.

金属を酸化や腐蝕、錆などから守るために直接触れないように手袋を使用します。

bonne journée

Laurent Philippe Cluet

http://www.laurentcluet.com/

br_c_1441_1

Médaillon

Bonsoir,

今日はMédaillon(大型メダル)についてお話させて頂きます。

家具作りにおいて、背もたれ部が大型メダルに似た楕円形のものをメダリオンチェアと呼びます。背面部のまわりにカービングが施されているものもあります。(Justin Storck, 510ページ)

チェア、アームチェア、そしてソファなどで見ることができるでしょう。

In cabinetry, the medallion chair is a chair which has the back in oval shape which looks like a medallion, it can come with woodcarving (Justin Storck, page 510).

It can concern chair, armchair or sofa.

この背面部のメダリオンはちょうどいいサイズのものや、大きすぎるために見た目を損なうものまであります。

19世紀後半、ナポレオン三世の時代において、下記のイラストでご覧頂けるようにメダリオンのサイズは非常に大きいです(わかりづらいかとは思いますが、実際に実物を見ることがあればご理解いただけるはずです)。

前脚部にキャスターを見ることができれば、その椅子はルイ・フィリップの時代以降に作られたことがわかります。

Anyway, sometimes the medallion size is just fine and sometimes the prominent shape of the oval back really gives a graceless result.

This concern the second half of the 19th century, specially Napoleon III period,

As you can see on the illustration below (Justin Storck, page 510), the medallion is really big (It may not be that obvious on the illustration but if you see one of this type for real, you will straight understand what I am talking about). See the casters on the front foot, you can deduce these concern the Louis-Philippe era and after.

メダリオンチェア-例

ルイ15世様式メダリオンチェア/アームチェア/ソファ

こちらはルイ16世様式になります、大きな違いを見つけることは難しいでしょう。

個人的な意見にはなりますが、この形はいい趣味とは言いがたいです。

Ok it is Louis XV style, but with different proportion the result is really not there. Some people may like it but in my opinion, any person who has good taste will not go for it.

逆に以下の写真にあります19世紀以降のルイ16世様式の物は非常に形が整い、また個人的な意見にはなりますが、見栄えが非常に良くなります。

At the contrary, on the photo below, it is also second half of 19th century but proportions are more in phase with the Louis XVI style and the piece, again according to me, is more graceful.

メダリオンアームチェア

ルイ16世様式 メダリオンアームチェアー

Bonne soirée

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1

The Secret

皆さんこんばんは,

Bonsoir,

もし、あなたが工房で何が行われているのか興味があったり、もしくは、工房で修練をしたことがあれば、あなたは“Secret”(秘密)という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

そう、今回は工房における秘密についてお話します。もちろん、秘密を知ってる人は簡単に他の人に話すことはありません。

 秘密は、工程の中に隠されていたり、カラーリングの妙であったり、もしくはレストアをする際の知られていない技術であったりと、多岐にわたります。

If once in a time you were interested in some crafts activities, or either if you have practiced some in some workshop, you may have heard the word “secret”.

Yes I am talking about these “workshop’s secrets”. And of course the person who knows the secret will not tell you.

It can be a secret preparation or a secret way for coloring wood. Or even an unknown technique for restoring furniture. So it can be anything.

もし、あなたが私に技術的なことを聞いてきたとして、「これは誰にも教えられない!」などと答えれば、それは失望を生むことでしょう。

秘密を秘密のままにしておくことは往々にして間違っていると言えます。

では、Rouboの792ページ目から引用しつつ何故秘密を一人だけで隠すことがいけないかを説明していきましょう。

“家具職人において木材のカラーリングは重要な一つであり、木材を染め上げるためになにが必要か、例えば果物であったり、花であったり、動物由来のものであったり。しかしながら、家具職人の多くは彼らのアドバンテージを守るために染色の秘密を隠し続けます。

I f one day, you ask me something and I tell you “I cannot tell you it is a secret”, then I should be downgraded to the bottom.

The secret way is a fully wrong and bad way to do.

Let me quote Roubo (page 792) to explain you why nobody should use the “secret way”

“The wood coloration is of a great importance for the cabinetmakers because it is the way that allow them to the give to the wood the colours they need to represent all kind of objects like fruits, flowers, animals etc. However the cabinetmakers always made a big secret about the composition of their dye to keep the benefit of it exclusively for themselves.

そのせいで、多くの家具職人が作り上げた技術やレシピの多くは伝え残されておらず、不幸にも知るすべがないのです。だからこそ、我々は不完全なものでもいいものであっても共有することで、より良い物へと改良することができるのです。”

That’s why most of the composition that the old cabinetmakers used did not come to us, or were wrongly imitated. So the ones we are currently using are either defective, or if they are good, they cannot be improved as the ones who know their composition are hiding the making process to the other cabinetmakers and even to the person who have the knowledge to improve the composition of their dye”

ご理解いただけたと思いますが、“秘密”は何もいいことがありません。“秘密”はノウハウを減らすだけでなく、不完全な技術が残されていくのです。

As you can see, doing the “secret way” has absolutely no positive point, it only produces the know-how loss and may create defective techniques and method.

私自身は秘密を持たないようにしています。もしあなたが何かしらを尋ねてきたら私は包み隠さず私の知識、行っている方法を教えます。あなたの間違いを減らすことを手助けできるでしょうし、もしあなたがより良い方法を知っていれば教えていただくことで私自身のミスも減らすことができるでしょう。

I have no secret. If you come and ask me something, I will tell you what I know and the way I do, it can help you not making mistake but it can also help me not making mistake as you may know better than me.

Laurent Philippe Cluet.

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1