Archives mensuelles : avril 2014

image_pdf

明日出来上がり予定

Bonjour

明日出来上がり予定のルイ15世様式 リビングルームスイートセットのうちの最後の一脚です

 

ルイ15世様式アームチェア

 

bonne soirée

Laurent Philippe Cluet

http://www.laurentcluet.com/

br_c_1441_1

ルイ15世様式

Bonsoir

下の短い文書はウェブサイトのために書きましたが

(http://laurentcluet.com/information.php)

but well ブログを呼んでもらってる人たちのために役に立つと思って、ブログにもシェアさせていただきました。

 

ルイ15世様式の家具は1723年に始まり、1750年まで続きました。

The style Louis XV started in 1723 and ended in 1750.

このルイ15世様式では、新しいデザインを求めて、今までのアンティーク家具にないものが作られ始めました。

The style is atypical as the artists don’t get inspired by the Antiquity anymore but look for new shapes.

曲線や波打つ形が正面やサイドに使われています。

The forms are curved and sinuous, so the face and sides of a piece can be rounded.

ルイ15世様式チェスト(Havard, page 932, Tome I)

ルイ15世様式チェスト(Havard, page 932, Tome I)

脚部はより洗練されたデザインとなり弓なりに反っています。

The foot is sophisticated and arched on both faces.

左:ルイ15世様式アームチェア(Havard, page 652, Tome II) 右:ルイ15世様式チェア(Havard, page 657, Tome I)

左:ルイ15世様式アームチェア(Havard, page 652, Tome II)
右:ルイ15世様式チェア(Havard, page 657, Tome I)

非対称のデザインもこの時代の特徴となっており、モチーフとして使われている貝やアカンサス、花、ローリエ、ヤシなどから見ることができると思います。

The asymmetry is another characteristic.

You can find it in the different motifs which are the shell, acanthus, florets, laurel, palme and of course in the rocailles( to make simple here we can say curved lines muddle)

このような特徴からルイ15世様式の家具はスラリとした軽い印象がもてます。

Due to these characteristics, the Louis XV style furniture are svelte and light.

ルイ15世様式テーブル(Justin Storck: page 836)

ルイ15世様式テーブル(Justin Storck: page 836)

(この項では家具について触れており、建物や内装とは違うことがあります。

引用:“Traité d’ ébénisterie” by Lucien Chanson, page 215~ 232)

(Here I am only referring to the furniture and not architecture or interior decoration.

Source: “Traité d’ ébénisterie” by Lucien Chanson, page 215~ 232)

Bonne soirée

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1

この間出来上がりましたルイ15世様式ソファ

Bonjour

この間出来上がりましたルイ15世様式ソファ:

 

ルイ15世様式ソファ

20世紀初頭に作られたこちらのルイ15世様式のカブリオレのソファ非常に保存状態がいいものになります。 脚部にカールが施されており、アカンサスが貝のように背もたれの上部にモチーフとして、アームレスト部、座部の横材などいたるところにアカンサスが彫り込まれています。 いくつかのモチーフはアシンメトリーになっていてルイ15世様式の特徴となっています。 背もたれ上部に小さな花が見られます。 背面部は座部にそってカーブしており、こちらがカブリオレスタイルの特徴です。 座部に使われているの布地はシミ汚れなど無く非常にキレイです。 アームレスト部の布地には、多少の使用感があり、趣がでています。

http://www.laurentcluet.com/details.php?ref=LPC020

ご質問、細かなディテールなどもっと知りたい方は、コメントもしくは Laurent@laurentcluet.com までご連絡ください。

 

Bonne journee

Laurent Philippe Cluet

http://www.laurentcluet.com/

 

br_c_1441_1

Palme

こんにちは

Bonjour

ある朝、公園を散歩していると落ち葉がたくさん落ちているのに気が付きました。

The other day, I went for a walk in the morning,

While walking in that park I saw this on the ground:

ヤシ

その時思いついたのは“葉っぱ”(正確に言うとヤシの木の葉、パーム)のことを紹介しよう!なぜなら、この“葉っぱ”のモチーフはよく装飾アートに使われるからです。

Then it gave me the idea to write a bit about this leaf(more precisely a palm), that is indeed a motif frequently used in the decorative arts.

フランスではこのモチーフを“パーム/パルメ” または“パルメット”といい、ヤシの木の葉を意味します。

ジャスティン シュトルクはシンプルで分かりやすくこう言っています。“パームの枝は装飾と彫刻の中でモチーフとして頻繁に使用されます”。(ページ:588)

In French, this motif is called “palme” and “palmette”, and as its name said it represents a palm.

Storck gives a good and simple definition (page 588):

“Palm tree branch frequently used as motif in decoration and sculpture”.

palmette例-Storck

StorckのPalmette例ですが家具にでわない(ページ588)

またハーバード(Tome IV, page 30/31)も同じようなことを言っていますが、彼は枝ではなくヤシの葉を強調しました。

彼が言うには、ヤシの葉のデザインは昔からファブリック(布、織物など)に使われていたらしいです。

中世紀に、金細工からそれらのモチーフが発見され17世紀にはたちまち布地や織物のデザインによく使われました。

As for Havard (Tome IV, page 30/31), he is giving pretty much the same definition, but he refers to the leaf of the palm tree.

According to him, the palme is used since Antiquity for the edifices.

During the Middle-Age, we find it in the goldsmithery, and it become fashionable during the 17th century especially in the fabrics.

Havardのpalmeとpalmetteの例

Havardのpalmeとpalmetteの例

もし本物のヤシの葉を見ても驚かないでくださいね。だってどう見てもモチーフで使われている形とは程遠いですから。でもよくアンティークの家具を見てみたら(ハーバードや他の人たちが言っていたように)、このモチーフは形の違うモチーフがたくさんあって…少し“ヤシの木の葉”に見えてきませんか?例えば下の写真みたいに。

Now don’t be surprised if you see some palmes and palmettes with a shape that does not really looks like a palm. As you can observe on the antiques furniture (and as Havard and others precise) this motif was made in many different shapes, and even the motifs which looked like just a bit like a palm were called palme and palmette.

We have an example on the photo below:

アンティークイスにパルメット

アンティークイスにパルメット

最後に私がこの“パーム”または“パルメット”から言いたかったことは、これは枝から葉がはえているのか、それとも枝はなく幹に直接葉だけがはえているかということです。

実はヤシの木には枝がありません。ジャスティン シュトルクは枝があると言っていましたが間違えです。

The last point I would like to draw your attention is from the palm and the palmette, which one is the branch with leaf and which one is the leaf only.

Well indeed as a palm tree as no branch, Justin Storck made a semantic mistake here talking about a “branch”.

でも彼の勘違いをフェアに考えて、そしてこのような勘違いをしてしまったことをフランスでは一言で“ヤシの木”… “palmier パルミエ”と言ったりします。他にはnoyer ノイヤー, marronnierマロニエ, pommierポミエ, prunierプルニエ… こっちは普通の木ですけれどもね。

But let’s be fair-play with him, this type of mistake can be easily made as we call the palm tree “palmier” in one word in French. There are other species like noyer, marronnier, pommier, prunier which are normal trees.

もしあなたが植物学者じゃなくて“パルミエ”と聞いたら、この木は普通の木だと言って枝や葉っぱについて語れるけど、ここで紹介したジャスティンがヤシの木に枝があると言っているのはおかしなことです。

So if you are not a botanist, when you hear “palmier”, you will consider this tree as normal and speak naturally about branch and leaf. Indeed here, Justin Storck refers to the palm when he is talking about branch.

確かなことは“パーム”はヤシの木の葉をモチーフにしているということと、パルメットは小さいサイズのヤシの木だということです。

To resume, we can clearly say that the “palme” is the motif representing the palm, and that the palmette is a small palme.

Bonne soirée

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1

パープルハート

Amaranthe

またはAmaranteは “Bois violet” とフランスでは呼ばれる、こちらの木材はパープルハートです。

Amaranthe

Also spelled Amarante and also called “Bois violet”

This wood is called Purpleheart in English.

このパープルウッドは“Bois de violette”という木材と混乱しがちなので、今回私がお話するのは学名のPeltogyneのパープルハートであることを明記しておきます。

学名を使うことで、似たような名前の木材との混乱を防ぐことが出来ます。

As this wood is usually confused with the “Bois de violette”, I have to precise here that I am talking about the Peltogyne.

Using the botanic name remains the best way to clarify things about wood species.

There are different species like Peltogyne venosa, Peltogyne pubescens or Peltogyne paniculata.

この木はギアナやアマゾンに生息しています。

The tree grows up in the Guyana and Amazon.

茶色がかった灰色をしており、切り出した後紫がかったワイン調の色になります。

時間の経過と紫外線によって、また茶色へと変化していきます。

The wood is naturally brownish-grey and soon turn to a purple-winey colour after being cut. With time, change the colour again due to the UV and become brown.

密度0.9(900kg/m3)で固めの木材になります。

30-50mまで伸び、根から最初の枝までの長さは通常5-12mで20mに及ぶものもあります。(引用: « Les bois d’ ébénisterie dans le mobilier francais », 18ページより)

Density is about 0.9 (900kg/m3), hard to semi-hard.

The tree measures between 30 to 50 meters, the bole from 5 to 12 meters, sometimes 20.

(source: « Les bois d’ ébénisterie dans le mobilier francais », page18)

Havard( 64ページ, Tome 1)によると、その当時、摂政の家具職人をしていたCharles Cressentがこのパープルハートをパリの流行木材にし、Lazare Duvauxなどが追いかけたとのことです。

しかしながら、1714年には、Boulleがすでに王の為に使っていたとの記録もあります。

Jean-Francois Oebenもまたパープルハートを使用しており、ローズウッドとサティーネと共に使っていました。

パープルハートの流行はルイ15世の時代からルイ16世の時代初頭まで続きました。

According to Havard ( page 64, Tome 1), this is Charles Cressent (the Regent’s cabinetmaker) who launched the purpleheart fashion in Paris and some others followed like mister Lazare Duvaux.

Nevertheless, Boulle already used the purpleheart in 1714 for the king.

Jean-Francois Oeben also used it in mix with the Rosewood and the Satiné.

The purpleheart remains in vogue during the Louis XV reign and a bit less with Louis XVI.

これが18世紀の学説となっています。

This was for the theory and the 18th century.

では実践編と参りましょう。こちらに一組の写真があります。

Now for the practical, a couple of photos

下が最近買われたパープルハートになります。

紫がかったワイン色が見て取れると思います。

Below is a recently purchased small piece of purplehart,

we can see the winey-purple colour.

若いパープルハート

こちらの写真は同じ木材ですが、時間が経過したものになります。

チョコレートのような色になっているのがご覧いただけますでしょうか?

On this this photo, a same species of wood but very much older, you can see it has turned to chocolate colour.

年取ったパープルハート

最後の写真は上気いたしました通り、色の変化がわかって頂けるかと思います。

On the last photo, you can clearly see the change of colour that I mentioned above from winey-purple to chocolate.

パープルハート

時を経ることでいつも木材の色は変化していきます。

こういった、変化の趣もアンティーク家具ならではと言えます。

Just a word on the patina to say that

time will always modify the colour of the wood.

That is one of the aspect of the patina of an antique furniture.

それではまた次回

Bonne soiree

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1

最後の道具(だと思いますが)

こんばんは

Bonjour

2〜3日前になります、やっと最後の仕事道具が届きました(多分最後のだと思いますが)

届いたアイテム-ロホン-フィリップ-クルエ

これはLie Nielsen panel sawとよばれる繊維に対して平行に切るタイプの、のこぎりで、1インチの間に7の刃が備わり楓の持ち手がついています。10月に注文して長いこと待ちました。

リップカットノコギリ

リップカットノコギリ-1

Few days ago, I finally received my last tool. (or may be the last)

This is a Lie Nielsen panel saw, rip cup, 7 points per inch, with curly maple handle.

I ordered it in October last year and finally it has come.

もちろん、替えの刃もすでに予約してあります。

繊維に対して直角に切るタイプのノコギリ-ロホン-フィリップ-クルエ(Crosscut)

繊維に対して直角に切るタイプのノコギリはすでにあったのですが、これでやっとセットが揃いました。

ノコギリセット-Laurent-Philippe-Cluet

The cross cut one was already there, and the space for the rip was reserved of course.

Now the couple is together.

Bonne soirée

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1

今週の土曜日

Bonjour

今週の土曜日の午後

このアイテム出来上がる予定です:

ルイ15世様式 カブリオレアームチェア

ルイ15世様式 カブリオレアームチェア

bonne journée

Laurent Philippe Cluet

http://www.laurentcluet.com/

br_c_1441_1

THE true story

こんばんは

Bonjour

これから私がお話することは全て本当のことです。

アンティーク家具には、時に信じられないようなストーリーがあったりします。

ともかく、パリの隣のOzoir-la-Ferrièreと言う村で84歳のフランス紳士から購入したこのゲームテーブルの話をしましょう。

I promise, the story I am writing now is hundred pour cent true.

Sometimes with antiques, there are incredible stories. So anyway, I bought this game table to an 84 years old French gentleman here, in that village, called Ozoir-la-Ferrière next to Paris.

私がその村に行ったのは、化粧テーブルを購入するためでした。そこで、彼は他にも商品を取り扱っていて、その中にこのゲームテーブルがありました。

I went there for a toilet table( more known now as dressing table), anyway he also had few others items available to sell . Among these, this game table:

ルイフィリップ様式 ゲームテーブル

ルイフィリップ様式 ゲームテーブル

この引き出しをみてください。アンティーク家具には往々にして、鍵がない場合があります。そして、もっと悪いことに、なかには引き出しがロックされたまま鍵がなくなっている場合もあったりします。

そして、このゲームテーブルはまさしく、鍵が無く、引き出しがロックされた状態でした。

You can see the drawer.

 Problem with drawer is sometimes there is no key. And bigger problem is when there is no key and the drawer is locked. Anyway, there were no key, and the drawer was locked.

鍵を探してもらうよう頼んだところ、20分ほど探した後、やはりないとの答えが。

また、何故このカバーの部分が壊れているかを聞くと、数年前に泥棒がはいり、引き出しがロックされて開かなかっために天板をこじ開けたようだと答えてくれました。

I asked him to look for it, he kindly went for 20 minutes looking for it but in vain.

I also asked him why the drawer cover part was broken. He told me some people broke into his house few years ago and they try to open the drawer, but as they could not, they broke the top of it to check what was inside.

割れてる部分

割れてる部分

ともかく、私はこの素敵なテーブルに惚れ込み手に入れたのが去年の3月になります。

Anyway I took the table as it was in nice shape. I was last year in March.

時を同じくして、私はまた別の街、ランス(Reims)の家具店でこのデスクを手に入れました。

ちなみにこのデスクにはちゃんと鍵がついています。

At the same period, I bought this desk, in that city called Reims, in a furniture shop.

And as you can see, this piece has the key.

アンティークライティング デスク-Laurent-Philippe-Cluet

さて話はかわり、いまから約3ヶ月ほど前、私は初めに紹介したゲームテーブルのレストアにとりかかりたかったのですが、問題の引き出しの解決方法はやはりみつからず、鍵を開ける方法が見つかるまでいったん保留にすることにしました。

So I have to admit, that I wanted to start to restore the game table like 3 months ago but not having the key made me skip its turn. I thought I will think a bit and try to find a way to open the drawer and come back to it when I would have found the solution.

それから約3か月。先日、後に紹介したもう一つのデスクのレストアにもとりかかりました。

この時は何気ないいつもの作業の時間で、前出のゲームテーブルのことなどはもちろん頭にありません。

Then finally the desk’s turn comes.

いつも、私は作業にとりかかる前に細部まで全ての部分をチェックします。いつもと同じようにこのデスクを作業台の上に置き、引き出しを取り出してライトを使い中の確認をしました。

What I like to do before I start any piece is examine it many times and in all the details.

So I took the desk, put it on the bench, I removed the drawers and check the inside with light.

アンティークライティング デスクのチェック

このデスクは、フランスでも移動を何度もしましたし、上下さかさまにも何度もなりました。コンテナでも逆さになったり、オフロードの道を行ったり、様々な道を経て私のアトリエにやってきたのです。それでも、それでも、どこかに隠れていたのでしょう、私はその時これを発見したのです。

Now despite, I had moved this desk few times in France, put it upside down in the container and then upside up after offloading it from the container, and move it again here and there from the warehouse to the shop, despite all this, here somewhere hidden I could see that :

何かあるそうです

引き出しの奥に小さな金物が挟まっているのがわかりますか?

隠してある鍵

そう、なにかの鍵です!!

これは、間違いなくこのデスク用のスペアキーなどではありません。

比べると非常にサイズが小さいこともわかります。

見つけた鍵

その鍵を手に取る前、見つけた瞬間に私の頭によぎったのは、例の鍵を失くしたルイ・フィリップ様式カードテーブルの鍵穴にぴったり合うのではないかということです。

言うまでもなく、私がフランスでこの二つの家具を購入した場所はそれぞれ遠く離れた街で、二人のオーナーの間にも縁もゆかりもありませんでした。

しかし、何十年も昔よりいろいろな人の手に渡りながら大切に受け継がれてきた家具ですから、たとえ遠い街におかれてあっても、その経緯の中でどこかで繋がっている可能性はゼロではないのです。

同じ人がこの二台を家庭で使用していた過去だってあるかもしれないのです。

そしてそれが巡り巡って、海を越えて私のアトリエで再会する可能性も、、、。

もし、もしも、、ありえるか?!いや、そんな偶然が、、、

私ははやる気持ちを抑えて、すぐさまゲームテーブルへ向かいました。

そして、鍵を差し込み、、、、、

Definitely it was not a double of the key of the desk, looked to small, but straight to my mind, even before I picked up this key from where it was, it came to my mind that it is this type of key that will fit the Louis-Philippe table lock.

I was very excited, and if if if if…. it opens it…….

I went straight to try it

And it……

開けてみます

もし、あなたが私の店に訪れることがあれば聞いてみてください。

このゲームテーブルの鍵がどうなったかを・・・

If one day, you have the occasion to visit my shop, will tell you if it opened it…

それでは

Bonne soiree

開けるかどうか

 Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1