Archives mensuelles : juin 2014

image_pdf

Cire

みなさんこんばんは

Bonjour

 

本日は家具にとって非常に大事なアイテム、ワックスについてお話したいと思います。

ワックスは動物性(蜂など)、植物性(カルナバ、キャンデリラなど)、そして鉱物性(オゾケライトなど)と種類があります。

もちろん、アンティーク家具をレストアする際にはワックスを持ってなければならないです。

 

遅くとも18世紀にはワックスでの使用方法が確立され、19世紀から20世紀にかけて重要な仕上げが出来上がりました。

 

Jean-Félix Watinの1772年の専門書 »L’art du peintre, doreur, vernisseur » で確認出来ます。

 

ページ342より

« On ne vernit guère les bois d’ébénisterie, on se contente de les frotter avec de la cire »

訳すると

« 木の家具は仕上げとしてあまりニスを使用しません、ただワックスでポリッシュします »

 

 

Today, I want to talk about a very important product in furniture: the wax.

The waxes  can be animal (bees), vegetal (carnauba, candelilla), or mineral (ozokerite).

 

ビーワックス

ビーワックス

 

カルナバワックス

カルナバワックス

 

This was the dominant finishing method at least during the 18th century.

 

It is confirmed by monsieur Jean-Félix Watin in his treatise book « L’art du peintre, doreur, vernisseur » published in 1772. Here I quote on page 342:

« On ne vernit guère les bois d’ébénisterie, on se contente de les frotter avec de la cire »

which means:

 » We barely varnish the cabinetry woods, we simply polish them with wax »

Wax remains an important way of finishing the furniture during the 19th and 20th century .

And even today for the antique restoration you have to have some wax in your workshop.

1774年に出版された偉大なるRoubo氏の » Le menusier ébéniste « の862/863/864ページにいくつかのワックス使用法がうまく説明されています。

私にとってもいくつかの点において素晴らしい仕上げ方法だと言えます。

These different waxing methods are well describe and explain by monsieur Roubo, in his treatise  » Le menusier ébéniste «   published in 1774 at the pages 862/863/864.

For me this is a very good finish for few reasons.

その理由として

1つ目に、ワックスを使用することでその当時に使われていた伝統的な仕上げから外れることがありません。(ニスを使用し始めたのは18世紀の終わり頃)

2つ目に、後々メンテナンスをする際に機械的なものは必要でなく全て手作業で行うことができます。すなわち、どなたが買ったとしてもご自身で手入れをすることができるのです。

First,  by using wax, you are sure to not make an anachronism as it is definitely the traditional way of finishing furniture (varnish on furniture appears only by the really end of the 18th century) .

Second, the maintenance is accessible even for the people who are not at ease with manual tasks, and that is good because if you can maintain yourself your furniture you may keep them in good condition for a while, which is one of the main point when you have some antique furniture.

 

3つ目に、ワックスはちょうどいい輝きとテカリを生み出します。つまりは、アンティーク家具は現代の家具のようなニスを使ったテカリでは木目を活かすことができないのです。

And third, it gives just a light brightness, satinated, semi-gloss look. In short, the way an antique  piece should be and not a flashy bling made with some modern varnish that will show only brightness and not the wood’s vein .

 

ワックスの仕上げ

ワックスの仕上げ

さて、もしかしたら、あなたはワックスを使った場合には保護が高くないなどと聞いたことがあるかもしれません。

しかし18世紀、19世紀から現存する状態の非常に良い家具もニスではなくワックスのみを使っていることからも、ワックスが保護力が引くとは私は思いません。

Now you may have heard that wax gives a very low level of protection.

I don’t think it is so true, as a lot of pieces from the 19th and even 18th century came to us until now in very good conditions and they have never been varnish but just waxed.

 

もちろん、通常の使用と、適度なメンテナンスが施されていることが条件です。

Of course you have to use these pieces the normal way and assure a regular maintenance.

 

ちなみに、ワックスで仕上げている家具はワックスをかけ直す必要は年に1〜2度ほどで問題なく、多くを必要としません。

過度なワックスは残りかすをうみ、木を疲れさせてしまいます。特に色のついたワックスを使う場合は木目を隠してしまいますし、ベタベタしてしまうでしょう。

 

Note by the way that you simply need to re-wax  the waxed pieces only once or twice a year, not more. More than that the wax will accumulate and become dull, may be a bit sticky and hide the wood’s vein, especially if it is colored wax.

もし、ワックスが多少はがれ、表面がくすんで見えてきた場合軽くブラシングをして上げることで輝きが取り戻せるでしょう。

Indeed when the wax is losing a bit of its brightness you simply need to brush it again and brightness will reappear.

 

 

もちろん現代のニスは、家具をより保護してくれるでしょう。ただ、やはりアンティークにはワックスの方が、ぴったりきます。

Well of course some modern varnish may protect better your furniture but for me it simply does not match with an antique piece.

Bonne journée.

 

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1

ルイ15世様式ビューローの写真

Bonjour,

ご覧下さい:

ロホン-フィリップ-クルエ-アンティークビューロー

 

ルイ15世様式ビューロー-3

 

ルイ15世様式ビューロー-2

 

ルイ15世様式ビューロー-1

 

ルイ15世様式ビューロー

 

こちらは、ルイ15世様式のチェリーウッドで作られた文机になります。 開き扉にある組木細工はダイアモンド型になってます。 前面のベルト部にある引き出しは、両サイドが使え、真ん中は飾りになっています。 中はブナの木で作られ、緑の革が張ってあり、隠し扉もついています。 自家製のアンティークワックスで仕上げてます。

こちらに見えます:

http://laurentcluet.com/details.php?ref=LPC026

 

Bonne journée.

 

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1

Empire様式

Bonsoir

今日Empire様式について短い文書を書きました。

エンパイア様式(帝政様式)は1800年頃に始まり1830年頃まで続きました。

この年代はナポレオンやルイ18世そして彼の兄弟であるチャールズ10世が含まれます。

Empire様式ビューロー

左:Empire様式ビューロー(Storck, page 235)
右:ナポレオンのビューロー(Havard, page 934, Tome IV)

家具のデザインはたくましく、少し重く、そして堂々とした印象に変わりました。

主に四角や立方体の形が使われています。

Empire様式チェスト (Lucien Chanson, "Traité d’ébénisterie" page 258 )

Empire様式チェスト
(Lucien Chanson, « Traité d’ébénisterie » page 258 )

Empire様式ベッド(Storck, page 235) 

Empire様式ベッド(Storck, page 235)

 

曲線をえがいた銅などがデコレーションに使われていることも特徴と言えます。

レストレーション時代(1815〜1830年)には、形がディレクトワール様式につか付きました。銅などの使用がなくなり、組木細工がかわりに使われるようになりました。

 

( 引用元: »Traité d’ébénisterie » by Lucien Chanson, 251~258ページより)

The Empire Style started in about 1800 and finsihed in 1830. So it includes the the Napoléon era and the reign of Louis XVIII and his brother Charles X.

The furniture’s design became rigid, imposing and a bit heavy. The dominant shapes are the cube and the square.

The decorative carved bronzes are also dominant.

During the Restoration era, from 1815 until 1830, the shapes look like the Directoire’s shapes. The bronzes disappear and are replaced by some marquetry.

(Source: »Traité d’ébénisterie » by Lucien Chanson, pages 251~258)

Bonne soirée.

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1

 

ルイ15世様式ビューロー

Bonjour,

今日からブティックにあるこのルイ15世様式のチェリーウッドのビューロールイ15世様式ビューロー

 

宜しくお願いします。

 

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1

 

Open Heart

Bonjour

 

Set in the chair joining.

 

凹凸の組み合わせでの椅子の組み立てにおいて、嵌めこむ部分にゆるさを感じることが時々あるでしょう。しかし、これはふつうの事であり、古いものになれば尚更です。普通に使っていれば当たり前に起こります。

In some pieces which are assembled by tenon-mortise,  you sometimes get some looseness at the joinery points. This is normal, especially if the piece is a bit old. This is due to the use and the misuse of it.

私の扱っていますダイニングテーブルやこの2つの椅子も緩みが出ていました。

使用による緩みはダイニングテーブルよりも椅子に起こりやすくなっています。以下に理由をあげます。

The looseness  that was in my dining table was also there in these 2 chairs. It is more likely to happen on the chair than on a dining table. There are few reason for that.

 

一つ目は、椅子に比べテーブルは一つ一つが大きく、組み合わさっている部分大きいため接着部が強くなっています。

The first one is that the parts of the table are likely to be bigger(compare with the chair one), with bigger parts at the junction. So it makes the junctions stronger.

 

2つ目の理由として接着部にかかる負担の違いになります。座る人の体重がかかる分だけ緩くなりやすいのです。基本的にテーブルの負担は脚にだけかかります。

椅子に関しては、テコの原理が背もたれとベルト部、背もたれと脚部にかかります。

The second reason is that the forces in actions at the joinery points of a  chair seems to  be stronger due to the weight of the user.

Note that on the table, the lever effect will come only from the foot. But in the chair, the joinery part

at the back of the belt get the lever effect from the foot and also from the back of the chair.

3つ目の理由は日々の使い方の違いになります。椅子は毎日動かしますが、テーブルの移動はそんなに頻繁ではありませんよね?

And of course the third reason is that in normal conditions of use, you are likely  to move the chair everyday but not the table.

 

 

ともかく、テーブルの接続部を修復する場合には大きな問題はないですが、椅子に関しては座部による難しさがあります。

バネが入っている座部にはストラップがあり、馬の毛などが入っています。

まずは、布地を汚さないように、きれいな布を作業台に用意し起きましょう。

Anyway while fixing the matter on a table does not bring any big difficulties as you have free access to the joinery part, it seems a totally different issue on a chair as the joinery is in the middle of the  filling of the seat.

They are indeed between the straps and the horsehair, in the space where the springs are.

So firstly put a clean fabric on your bench to not dirty the fabric of the seat.

 

jaconas

 

最初に裏面に張ってあるジャコナスを取り外しましょう。

The first step is to remove the jaconas.

ストラップ

 

ここに馬の毛やゴミがありますが、これはジャコナスのページで記述したとおり、それらを下に落とさない様にしています。

Note here that there are some horsehair dust, that is as I wrote one of the function of the jaconas to catch it.

ここから、慎重におこなわなければいけません。ジャンクションになっている部分のストラップを取り外すためです。

左側、及び右側の部分を取り外しましょう。

家具用ののみ、木槌、バールなどを使い小釘を丁寧に抜いていきます。

一番大事なのがストラップに傷を付けて破かないようにすることです。破れてしまった場合元に戻すのが難しくなります。

古いストラップは乾いており非常に裂けやすくなっているため慎重を期せねばなりません。

Now comes the delicate issue. You have to remove the straps which are around the junctions part.

There is one strap to remove on the left and one on the right.

So you have to remove each tack very carefully with the upholstery chisel, mallet and crowbar.

The most important here is to not rip of the straps as they may become too short  to fix them back.

Old strap are a  bit dry and can be easily  riped off, so you have to be very careful.

ばねが見えます

ばねが見えます

 

heart-opening

 

Open heart

Open heart

 

次の手順、再接着を行う前に、ジャコナスを留めていた小釘も全てはずしておきましょう。

もちろん、抜く作業の際には衝撃がありますので接着前に行うのがいいです。

それから、再接着を行いましょう。私はいつもフィッシュグルーとクランプを使っています。

 

Now before going to next step, which is gluing the parts, it is also better to remove now all the tacks that were maintaining the jaconas.  Indeed by removing the tacks with the chisel and mallet you create shockwave on the belt of the seat.  So it is better to do it before your joinery is getting re-glued  to avoid the give tensions on the joints.

You can then go with the glue,( as usual I used the fish glue) and the clamps.

魚膠

クランプ

接着剤が乾いてきたら、ゆるみがなくなったことと、接合部のつよさを確認しましょう。

結果問題なければストラップを元に位置に戻し、小釘を打ち付けましょう。

When the glue is dry, test if the looseness disappear and joinery solidity.

if the result is fine, only then you can put the straps backs with the tacks of course.

 

new-tacks

 

 

straps-back

 

 

まだ、接着が弱いようだった場合、いい方法があります。

座部の横材と脚部の間に薄い木の楔を入れることです。

当たり前の方法ではありませんが、状況によっては非常に有効です。

もちろん普通のくぎやネジを使うことは絶対にやめてください。この楔を使う場合は可逆的な接着剤を使うようにしましょう。

if the result is still not correct, there is an ultimate solution, which is adding a wood wedge in the angle between the foot and the cross piece. This is not very orthodox but according to the situation it can be very useful.

Of course it is totally forbidden to use nails or screw but simply fixing the wedge with reversible glue.

 

最後に新しいジャコナスを底に取り付ければ出来上がりです。

And after that,  the last step is to put a new jaconas.

ジャコナの設定

 

新しいジャコナ

ただし、今回使ったのは本物のジャコナスではありませんが、、、

Well here is not a real piece of jaconas….

 

( こちらにこのアンティークチェアが見えます:   http://laurentcluet.com/details.php?ref=LPC024 )

 

bonne journée

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1

ルイ15世様式 ソファ

A la boutique:

ルイ15世様式ソファ

20世紀初頭に作られたこちらのルイ15世様式のカブリオレのソファ非常に保存状態がいいものになります。 脚部にカールが施されており、アカンサスが貝のように背もたれの上部にモチーフとして、アームレスト部、座部の横材などいたるところにアカンサスが彫り込まれています。 いくつかのモチーフはアシンメトリーになっていてルイ15世様式の特徴となっています。 背もたれ上部に小さな花が見られます。 背面部は座部にそってカーブしており、こちらがカブリオレスタイルの特徴です。 座部に使われているの布地はシミ汚れなど無く非常にキレイです。

http://laurentcluet.com/details.php?ref=LPC020

Bonne soirée

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1