Archives mensuelles : juillet 2014

image_pdf

出発

Bonjour,

今朝は一つのアイテムの出発でした、

念の為、無事に着くように、

自分でtailor-made箱を作りました。

this morning one of the item left my shop,

Just to make sure it reach to the customer safely ,

I made a tailor-made box.

 

材料

材料

 

Step 1

Step 1

 

Step 2

Step 2

Step 3

Step 3

step4

 

Step 5

Step 5

 

閉まり

 

出発です

出発です

(後ろでqualityマネージャーがチェックしているのが写っています)

Bonne soirée

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

 

br_c_1441_1

 

 

Régence様式

Bonjour

レジアンス様式はルイ14世様式からルイ15世様式の遷移期間の様式になります。

Régenceチェスト

Régenceチェスト
(Lucien Chanson, « Traité d’ébénisterie » page 208 )

歴史的にみればルイ14世が逝去された1715年からDuc d’Orleansが亡くなった1723年までとなるのですが、ルイ14世が亡くなる前の1700年から1725年までがレジアンス様式と呼ばれます。

Régence アームチェア(Havard, page 650, Tome II)

Régence アームチェア(Havard, page 650, Tome II)

ルイ14世様式に比べ気品さは抑えめになりました、しかし、幻想的、自由なデザインが使われるようになりました。

家具の前面部、横に曲線が使われています。

Régenceワードローブ

Régence ワードローブ
(Lucien Chanson, « Traité d’ébénisterie » page 212 )

 

引用元:“Traité d’ébénisterie » by Lucien Chanson, 208~213ページより

 

 

The Regence style is the transition style between the Louis XIV style and the Louis XV style.

For historical reasons we date him from the death of Louis XIV in 1715 to the death of the duc d’Orleans in 1723 but it covers indeed the last part of the Louis XIV style from 1700 to 1725.

It conserves the majesty of the previous style but fantasy and freedom in the design appears.

Curved lines appear on front and sides of the furniture.

Source:“Traité d’ébénisterie » by Lucien Chanson, page 208~213

bonne journée

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1

 

 

 

 

軽石

No chemical
ケミカルなし

No wax
ワックスなし

No varnish
ニスなし

Pumice stone only
軽石研磨剤だけ

 

これで鏡のようになります

 

軽石

 

 

Bonne soirée

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1

 

 

 

ルイ・フィリップ様式

Bonsoir

本日お話するのは、私にとっての家具最後の様式についてです。

様式というのは全く新しいものができるのではなく、その前の次代の様式いくつかの要素を引き継ぐものになります。(例えば後脚部はセイバーの形をしているように)残っていきますし絶えることは無いでしょう。

ナポレオン三世様式のように前時代のものを“リミックス”したような様式もあります。

私はいわゆる“保守的”なのでアール・ヌーヴォーや、アール・デコについては語りません。これらはどうも好きになれません。

だからこそ、ルイ・フィリップ様式こそが究極のスタイルといえます。

I am talking now about what is for me the last style for furniture.

The style was no that creative, following the previous one, taking some element to other styles (for example the back foot of chair in sabre’s shape) but still it remains distintive.

Of course some styles followed, like Napoleon III style , which is just a kind of « remix » of the previous styles.

I am also not talking about the Art nouveau or the Art déco, as I am a « conservative » and

these are absolutely not my cup pf tea, so for me Louis-Philippe is the ultimate  style.

 

 

ルイ・フィリップ様式は1830年から始まり1848年まで続きました。

ルイフィリップ様式チェア

ルイフィリップ様式チェア

線形として、一つ前の様式を継承していますが、繊細さはなくなり、重めの形になっています。

エレガントさよりも使いやすさへの挑戦が勝ったのです。

ルイ・フィリップ様式チェスト

ルイ・フィリップ様式チェスト

 

機械化工業が始まったことで手作業によるデコレーション、組木細工やカーブを描いた銅などはなくなり、装飾は限られたものになっています。

 

ルイ・フィリップ様式ベッドサイドテーブル

ルイ・フィリップ様式ベッドサイドテーブル

The Louis-Philippe style started in 1830 to finish in 1848.

The lines follow the previous style but the delicacy is missing and shapes are heavier.

The quest of comfort prevail over the elegancy.

This is the beginning of the mechanization so hand-crafted decoration like marquetry or carved bronze disappear and decoration motifs are also limited.

 

Bonne soirée

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1

 

 

 

 

ペーストワックス

Bonjour

先日、ワックスについてお話しました。

ただ、「ペーストワックス」と混同しないようにしましょう。

あなたが、ホームセンターなどで購入する家具や靴に使う瓶や缶、チューブに入ったワックスは、殆どの場合が “ペーストワックス” です。

この « ペーストワックス » と « ワックス » の違いとは何でしょう?

ワックスとは、蝋(ろう)そのものです。蜂や木から取れるものです。

ペーストワックスとは溶剤で蝋を溶かしこんだもので、フランス語で »encaustique »と呼ばれています。

この、ペーストワックスを作るテクニックはNosban氏によって1827年に出版された »L’art de l’ébéniste »の288ページでも取り上げられています。

Nosban様の専門書

Nosban様の専門書

Justin Storck  (237ページ, 1900年度版) やHenry Havard ( 390ページ, Tome II, 1890頃出版)においても同じように定義されています。

The other day I spoke about the wax.

It is not to be confused with the paste wax.

The « wax » you usually buy at the supermarket in pot or tube for your shoes or your furniture is most of time a paste wax.

So what is the difference between the wax and the paste wax ?

Wax is the wax, coming from the bees,  trees, or other types.

The paste wax is the wax dissolved in a solvent .

In french we call it « encaustique ».

We can find this term in some books, like Justin Storck  (page 237, edition 1900) and Henry Havard ( page 390, Tome II, published in about 1890).

This technique is also mentioned in the « L’art de l’ébéniste » on page 288, published in 1827 by a french cabinet maker named monsieur Nosban.

 

それらによると、ペーストワックスを作るための元々の溶剤はテレピン油となっています。

According to them, the original solvent  used to make the paste wax is the spirit of turpentine.

 

現代においてのペーストワックスには低品質の溶剤が使われており、タール(ガソリン由来のもの)や添加物が加えられているものが多くあります。

そして蜜蝋は合成ワックスに取って代わられて来ています。

 

しかし言うまでもなく私が修復の仕上げに使用しているのは、テレピン油を溶剤にした、動物性・植物性の自然な蝋を使ったワックスです

 

テレビン油-カルナバワックス

 

dissolved wax

dissolved wax

In the modern paste wax, lower quality solvents like white spirit are used and different kinds of additives are added.

Of course bees wax may have been replaced by a synthetic wax.

No need to tell you that I am using exclusively the spirit of turpentine and animal or vegetal wax to make my encaustic.

 

その働きの仕組みとはなんでしょう?

 

ワックスは元々伸ばしづらいです。

そこで溶剤を用いて柔らかくしたペーストワックスを使うことで均等に伸ばしやすくなり、家具の隅々まで使用することができます。

ペーストワックスを伸ばすために使用する道具は布の切れ端、コットン、ブラシなどでokです。

溶剤のテレビン油はすぐに蒸発してなくなり、そのあとには薄いワックスの膜が残ります。それを拭きあげることで家具に輝きを与えることができるというわけです。

How does it work ?

Indeed the wax in its original state is not that easy to spread equally on the furniture.

Having it dissolved, give you more ease to spread it equally on the furniture, even in the molding.

You can use a piece of cloth, cotton mesh or paintbrush for this task.

Once the solvent is evaporated, only the thin wax coat is remaining. You can then polish it to give it the shine.

Bonne soirée

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1

 

 

スポンジ

Bonjour à tous,

一番新しく手に入りました道具

this is my latest tool:

もちろん自然な材質でできたスポンジです。

yes it is a sponge, a natural one of course

実にとても便利な道具です

It is a very useful tool,

 

自然な海のスポンジ

手にちょうどいいサイズです

It perfectly fits my hand

自然なスポンジ

 

Bonne journée

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1