Archives mensuelles : août 2014

image_pdf

Versaillesの家具

Bonjour

 

先月、フランスに行った友達はこの写真を撮りました

Some few photos taken last month in Versailles by one of my friend

 

ルイ16世リビングルームスイート-1

ルイ16世リビングルームスイート

 

ルイ16世リビングルームスイート

ルイ16世リビングルームスイート

 

ルイ16世アームチェア

ルイ16世アームチェア

 

アームチェアとルイ15世のビューロー

アームチェアとルイ15世のビューロー

 

Duchesse en bergère(左)

Duchesse en bergère(左)

and some master pieces:

 

 

フェインティングカウチ« à la turque »

 

およそ1755に作られたフェインティングカウチ« à la turque »,

おそらく Jean-Baptiste I Tilliardの作品です。

 

 

ルイ16世チェスト

 

1772のJean-François Leleuのルイ16世のチェスト

ボディはオークで作られて、ローズウッド、キングウッド、パープルハート、

マホガニー、メープル、モチノキも使われてます。

それで見えるとおりに金色のブロンズもあります。

トップにgriotteと言う大理石があります。

 

bonne journée

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1

Versailles inside – 繊細なフランスの伝統

 

Bonjour

先月、フランスに行った友達はこの写真を撮りました

Some few photos taken last month in Versailles by one of my friend

 

Royal chapel

Royal chapel

 

Royal chapel ceiling

Royal chapel ceiling

Galerie-des-glaces

Galerie des glaces

 

Galerie des batailles

Galerie des batailles

Bonne journée

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1

 

 

 

 

 

Versailles outside – 繊細なフランスの伝統

Bonjour

先月、フランスに行った友達はこの写真を撮りました

Some few photos taken last month in Versailles by one of my friend

grille-royale

Royal metal gate

 

 

cour-royale

Royal courtyard

 

cote-ouest

west side

 

jardin

garden

 

Orangerie

the Orangerie

 

Bonne journée

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1

 

 

ルイ16世様式マホガニービューロー

Bonsoir

This is a really nice writing desk.

ルイ16世様式ビューロー -1

非常に状態がいいルイ16世様式のライティングデスクになります。 メイプルという英国家具メーカーのパリ支店で作られたマホガニー製のデスクです。 引き出しが2段あり、一つは下側、一つは内側にあります。 ヒキブタには革が内張りしてあり、開けることでライティングする部分と内側の引き出しを使うことができます。 引き出しの底に書いてあった製作日によると1926年12月20日に作られたとのことです。

ルイ16世様式ビューロー

ルイ16世様式ビューロー -2

 

ルイ16世様式ビューロー -4

 

ルイ16世様式ビューロー -3

Bonne soirée

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1

Dating

皆さん今日は

Bonsoir

アンティーク家具をチェックすると、色々なものを見つけることがあり、それが楽しくもあります。鍵であったり、コインであったり。

そして、時にその家具の年代を特定できるようなとても重要なインフォメーションを見つけることもあります。

ルイ16世様式ビューロー

 

What is good when checking an antique furniture is that you find a lot of things.

Ok sometimes you find keys or coins. And sometimes you find very serious information that will be a precious help for you to identify the piece.

 

この、マホガニー製のライティングデスクはいい一例です。

2〜3ヶ月前になりますが真ん中の引き出しの内側でこのラベルを見つけました。

んん?

« Maple and Co ltd »、、、、これって全然フランスっぽくないぞ?!

Mapleタグ

 

現代に生きてるって素晴らしいですね、私達にはインターネットがあります。

この悲しい発見を胸に、この聞いたことがない »Maple and Co ltd »をインターネットで探しめぐりました。

この会社はパリにも支店があることがわかりました。

ふぅ、少し気が楽になってきました。

It was particularly the case with this mahogany writing desk.

Already couple of month ago I was checking it and found this label inside the middle drawer.

Oops !

« Maple and Co ltd » , that’s does not sound French at all !

Thanks God, we have now internet.

So very surprised by this « sad » discovery, I rushed to my computer

to check about this company that I never heard about before.

Fine,  I found that they had a branch in Paris.

Ok I feel already better.

 

その後、引き出しの後ろ側に »Gauche » と « Droite »と書いてあるのを発見しました。

やった!これは間違いなくフランスで作られたことの証明です!

フランス語の右

 

ちょうど、 »Maple and Co ltd »について調べていたのですが、この会社は1880年代に世界有数の家具メーカーだったとのことです。そして、非常に高品質を売りにしている会社であることもわかりました。このライティングデスクはこの »Maple and Co ltd »のいいものだということがラベルからも証明することが出来ました。

 

After that, it was written « Gauche » and « Droite » at the back of some drawers.

Ouf ! thats definitely French manufactured.

At that time I also found on internet  that this company used to be the biggest furniture manufacturer in the world in about 1880s. Well that I cannot confirmed but it was also written that they were reputed for  fine quality, that I can confirm according to this writing desk.

 

とてもよろしい!

私はReimsという街でアンティーク家具店を開いている友人に電話をしこのことを話してみることにしました。彼はインターネットやEメールなどは使いませんがもしかしたら知っているかもしれません。

彼がいうにはインターネットに書いてあることとほぼ同じことを行ってくれました、そして、この »Maple and Co ltd »の家具はマホガニーの化粧板ではなくマホガニー材をしっかりとつかったものであることも教えてくれました。

これも、ライティングデスク自身をチェックしている時にきづいていました。

これで重要な情報はだいぶ手に入りましたが、この会社のパリ支店についてもっと詳しく掘り下げてみましょう。

Very  fine.

Then I thought , let me also call my friend who has an antique shop in Reims to ask him about it.

He has no internet and no email address but maybe he knows it.

He told me on the phone quite the same thing that I read on internet and specified me that their furniture were in solid mahogany, not with veneer.

That I also could see on this writing desk.

That’s quite some precious information we have here already but let me check about their branch in Paris to try to get more details about this specific piece I have.

 

残念にも、パリとロンドンでのビジネスは4月末で118年の幕を閉じた、ともウェブサイトに書いてありました。

正直に言えば、どんな会社であれ古くからある会社がなくなってしまうことは非常に悲しいです、それは長く続いた歴史がそこで終わってしまう事を意味するからです。

Unfortunately, their website was saying that they close the business in Paris and in London at the end of April 2014 after  118 years of activity in Paris.

Well to be honest, you like the company or you don’t , but when a very old company close down, regardless of the field of activity, it is always a sad thing cause it is a very long history which disappear.

 

いまだに、インターネットを回れば彼らの昔からのカタログを見つけることが出来ます。

もし、私が今手にしているモデルが載っているカタログを見つけることができればご紹介できるのですが。

 

Still checking  on internet, I saw that there were some of their old catalogues available.

If I could find the model I have, I could approximately date the piece.

 

おっと、間違えてほしくないのですが、どれだけ古いかは一番重要ではなく、どれだけ美しいかを私は重要視しています。

もちろん、あなたが家具の年代を特定できる情報を見つけることができれば喜ばしいことですし、もしそれがなかったとしても他にもヒントはあります。年代は大きなファクターであり重要ですが、メインのものでは無いことをわかって頂ければと思います。

Well don’t get me wrong here.  Age of a piece is not that important. Beauty is.

So if you have some good clues helping  you determine the era the piece was made it is fine,  if not you can judge by yourself with few hints also, but in any case age should be a major factor.

It is important  but it is not main point at all.

 

とにかく、今回私はラッキーだったのは引き出しの逆側の右底に作られた年月日までも書かれていたことです。

出来上がりました日付

« Laothy  le 20-12-26″フランス式のかきかたで、これは1926年12月20日のことです。

そしてLaothyは家具職人の名前、もしくは受け取った顧客の名前になります。

おそらくこの家具はクリスマスギフト、もしくはニューイヤーギフト用に作られたのでしょう。

 

それではまた次回お会いしましょう

Anyway this time, I was very lucky, the date this piece was made was written here, at the opposite side of the right bottom drawer

 

« Laothy  le 20-12-26″ which is according to the French way for writing date:  20th December 1926.

And Laothy was either the cabinetmaker name or the customer name.

I guess it was made to be a Christmas gift or new year gift.

 

 

Bonne journée

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1

Lavandula

Bonjour

ラベンダーについて少しだけ。

few words about the lavender,

the photo below

Lavandula

Roubo氏によるニスについての説明書きには、

スパイクラベンダーと呼ばれるラベンダーの種類のオイルが材料の一つとして書かれています。

the oil of the variety Lavandula spica, which is called spike lavender oil,  enters in the

composition of the varnish described by M. Roubo (on page 864-865).

 

Spike lavender oil

Spike lavender oil

 

Bonne journée

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

 

br_c_1441_1

ビューロー

Bonjour

今私のブティックには二つの素晴らしいライティングデスクがあります

一つはルイ16世、もう一つはルイ15世のものです

いつでもお越しください

 

I have now 2 very nice writing desks available in my boutique,

one is Louis XVI and the other is Louis XV

anytime welcome.

ビューロー

 

Bonne journée

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

 

br_c_1441_1

ルイ14世様式

Bonjour

 

few words about the Louis XIV style

 

ルイ14世様式は1643年から1715年まで続きました。

3つの大きな時代に分けられます。1643年から1656年まではトランジション様式(変遷期)と呼ばれルイ13世様式からルイ14世様式の期間を指します。

 

ルイ14世様式アームチェア(Havard, page 643, Tome II)

ルイ14世様式アームチェア(Havard, page 643, Tome II)

 

次に1656年から1700年までがピュアルイ14世様式と呼ばれる期間になります。

3番目が1700年から1715年までになりますが、こちらはレガンス様式となります。

ピュアルイ14世様式期間の1656年から1700年までは非常に豪華で、印象をどれだけ与えられるかを考えられています。

ルイ14世様式キャビネット (Lucien Chanson, "Traité d’ébénisterie" page 204 )

ルイ14世様式キャビネット
(Lucien Chanson, « Traité d’ébénisterie » page 204 )

 

アップライトや横材は隠されるようになる代わりに、化粧材がより多く使われるようになっています。

この時代で重要な人物はAndré Charles Boulleに間違いはありません。

彼は銅、コクタン、角、べっ甲、真珠貝、アイボリーなどを使用していました。

彼は初めてカーブしている銅を家具に使い始めました。

 

ルイ14世様式ビューロー (Lucien Chanson, "Traité d’ébénisterie" page 196 )

ルイ14世様式ビューロー
(Lucien Chanson, « Traité d’ébénisterie » page 196 )

ルイ14世様式ワードローブ (Lucien Chanson, "Traité d’ébénisterie" page 200 )

ルイ14世様式ワードローブ
(Lucien Chanson, « Traité d’ébénisterie » page 200 )

 

 

この様な威厳ある家具は主にパリで作られました。地方においてはガッチリとした木材を用い、カービングで装飾された家具が作られていました。

引用元:“Traité d’ébénisterie » by Lucien Chanson, 196~207ページより

 

The Louis XIV style goes from 1643 to 1715.

It is divided in 3 different periods. The first one goes from 1643 to 1656, and it is a transition style

between the Louis XIII style and the Louis XIV style.

The second period goes from 1656 to about 1700, that’s the pure Louis XIV style period.

Then the third period from 1700 to 1715 which is already the Régence style.

The pure Louis XIV style (1656-1700) is very luxurious, priority is given to

impressiveness. The uprights and crosspieces are not visible anymore. The veneer

process keeps developing.

The important man going with the style is indisputably Andre Charles Boulle.

He is using copper, ebony, horn, tortoise’s scales, nacre and ivory.

And his innovation was to use carved bronze in cabinetry.

This type of majestic furniture are mainly made in Paris. In the country side, furniture

remain in  massive wood decorated with fine carving.

source:“Traité d’ébénisterie » by Lucien Chanson, page 196~207.

Bonne journée

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1

 

 

2 Pack

Bonjour

 

素敵なライティングデスクのレストアを終えるために足りなかったピースが

フランスから届きました

 

この結果は今週末に・・・。

missing pieces coming straight from France to finish a nice writing desk.

 

pack1

 

pack2

 

Result coming this week-end.

Bonne journée

 

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1