Archives mensuelles : décembre 2015

image_pdf

蟻継ぎ

Bonjour,

Look at this dovetail, you can see the quality.

of course this is hand-made, (I am not the one), and this is made in France,

the joints are so well done that you can even put a single hair at the junctions:

蟻継ぎ

 

That is a piece from the company called « Krieger », in Paris, more precisely at the 74 Faubourg Saint-Antoine.

KRIEGER-FURNITURE-STAMP

 

This come from a bedside table, finely assembled and finished, coming soon…

細かいウッドカービング

Bonjour,

Today I want to show you some very thin and details wood carving from

a Louis XV style chair.

Look at that below, can you see in the center the acanthus around the shell ?

look at how wavy it is

細かいウッドカービング

 

this one below, look at how thin some lines are

細かいウッドカービング1

oops may be you do not see

細かいウッドカービング6

look at the furrow that the red arrow is showing,

細かいウッドカービング2

 

細かいウッドカービング3

Now look at this one below, this is my favorite:

細かいウッドカービング4

and in case you can not see, check below:

細かいウッドカービング5

yes this piece of ribbon, less than a millimeter high, very very detailed carving.

Anyway, this come from this set (the small one is not available anymore)

ルイ15世アンティークチェア

By the way, look also the curving shape of the foot.

 

ルイ15世アンティークベッドサイドテーブル

Bonjour,

Today I am showing you these two jewel box,

sorry, I mean these two bedside tables.

These are well manufactured, in oak and it is Louis XV style.

The point about these bedside tables is the size : 76cm*24.5cm*26cm

There are a lot of model for a Louis XV bedside table, but this size is really

rare. On the top of that, they are very cute.

So if you are looking for uncommon model, I recommend it.

アンティークデッドサイドテーブル

 

Le Louvreではございませんが…

Well well well, of course it is not le Louvre, but there is little bit something of.

This painting is called « le billet doux »  which means love letter.

The lady in red dress received a love letter from a lover and shares it with her friend.

こちらの絵画は、 « le billet doux » (ラブレター)と名付けられたもので、
赤いドレスの彼女が恋人からもらったラブレターを友達と共に見ている場面が描かれています。

フランス19世紀絵画

 

Le billet doux

It is French school, 1836, oil on canvas.
1836年に描かれた、キャンバス画の油絵です。

The frame is also remarkable.
その素晴らしいフレームにもご注目ください。

Yes it is in my shop and yes it is coming soon online.
店頭にて展示中。
近日中にホームページにも登場いたします。

 

汚れたブロンズや真鍮のクリーニング方法

Bonjour

ご覧ください

This is one of the way to clean oxidised or dirty bronze and brass.

今回は、汚れたブロンズや真鍮を綺麗にする一つの方法をご覧ください
The bucket contains ammonia and water, the sink only water.
画面のグレーのバケツの中には水で薄めたアンモニア、そしてシンクには水のみを準備しています
I used brass brushes and steel wool when rubbing.
磨きには、真鍮製のブラシとスチールウールを使用。
I finished it with sandarac based alcohol varnish.
仕上げとして、サンダラックベースのアルコールニスを塗布しています
Don’t use this method if the bronzes are gold finished.
※金箔塗装してあるブロンズなどにはこの方法は使用できません。アンモニアで金箔が溶けてしまいます。
動画内クリーニング後のものは、天然のブロンズの色です。

 

18世紀ゴールドフレーム

Bonjour,

I have a this 18th century (17xx something year)  wood frame finished with gold leaf.

こちらは金箔でコーティングされた、18世紀のウッドフレームです。

Awesome patina, subtle design and specially fabrication mode give this frame the thing that

only 18th century things get.

この素晴らしいパティーナ(経年変化)と繊細なデザイン、そして特殊な製造方法からは、18世紀のものだけが持っているものを感じとることができます。

18世紀ゴールドフレーム

Here, I am processing to a small repair using fish glue and « blanc de meudon ».

そして、今回は魚の糊とフランスの修復材 »blanc de meudon »を使って、少し修復しています。

This is a unique and very sophisticated piece going straight to my « de Mianville » collection.

これはとても洗練された稀少なものなので、私の »de Mianville »コレクション入りで間違いありません。

 

エンジェルシャンデリア

Bonjour

I also have this nice angel chandelier,

昨日設置したエンジェルシャンデリア

ブロンズ製のエンジェルがお花のランプを持って照らしてくれています

愛らしいデザインと暖かい色で
とてもお気に入りのランプです

エンジェルシャンデリア

available there:

http://laurentcluet.com/details.php?ref=LPC079