Archives mensuelles : juin 2016

image_pdf

バーゲンセールのご案内

只今行っております、店主のきまぐれバーゲンセール

ベッドサイドテーブルがお買い得となっております

フラワーベッドサイドテーブル

期間中はたくさんお問い合わせいただきましてありがとうございます!!

期間も未定のきまぐれバーゲンセールでしたが、7月10日(日)をもって終了とさせていただきます

アンティークベッドサイドテーブル

アンティークデッドサイドテーブル

大きさも手ごろでどのご家庭でも取り入れていただきやすいベッドサイドテーブルは、通年大変人気の商品となっております。

店主のきまぐれバーゲンセール、残り10日ほどとなっておりますので、この機会に是非ご検討くださいませ!!

※お写真にはsold out のものを含んでいます

 

ちなみに

ホームページ未掲載のベッドサイドテーブルも数点ございます

ご希望のタイプなどございましたらお尋ねください。

今なら未掲載商品もバーゲン価格にいたしますよ!

 

詳しくはホームページをご覧ください

http://laurentcluet.com/

 

Maison Kriéger (日本語訳)

Bonjour

Few months ago, I wrote few lines about the Maison Kriéger.

Today I am giving some more information about it.

数ヶ月前、私は「Maison Kriéger(メゾン・クリガー)社」についての話を少し書きました。

今回は、もう少し詳しく書いてみようと思います。

Kriéger工場

Above is the Maison Kriéger  workshop located at the faubourg Saint-Antoine, in Paris around 1884.(« L’ameublement d’art francais 1850-1900″ page 41 )

The company started in the middle of the 19th century till about 1945 (« L’ameublement d’art francais 1850-1900″ page 310 ).

It was specialized in the furniture but later on also developed the decoration.  Around 1920-1930 about 1000 persons were working at the workshop.

上の写真は、1884年のパリのセイント-アントワに構える、メゾン・クリガー社のワークショップです。

この会社は19世紀中ごろから1945年までに活躍しました。

家具製作会社として繁栄し、のちには室内デコレーションも手がけました。1920年~1930年頃には、約1000人の従業員を抱える会社でした。

 

Kriégerカービング工房

Kriégerカービング工房

Kriéger工房

Kriéger工房

The company used different marks to sign its pieces, among others, some are below:

メゾン・クリガー社のサインは数種類ありましたが、下の写真はそのうちの2例です

Kriégerロゴ

KRIEGER-FURNITURE-STAMP

 

According to Emile Bergerat (« L’ameublement d’art francais 1850-1900″ page 41),

in 1878 the Kriéger company was the biggest furniture company in Paris and was famous all over Europe.

At the end of the 19th century the workshop was like a factory covering a surface of two hectares . Good quality piece and also exceptional pieces were produced.

Emile Bergeratの著によると、メゾン・クリガー社は、1870年のパリで最も大きな家具制作会社であり、ヨーロッパ全体においてもとても有名な会社でした。

19世紀末、ワークショップは2ヘクタールの敷地をもつ工場のようで、高品質で一般的なものから希少性の高い商品まで幅広く手がけていました。

Table  à thé aux chérubins

Table à thé aux chérubins

Krieger booth at the Exposition universelle de Bruxelles in 1910

Krieger booth at the Exposition universelle de Bruxelles in 1910

Among others prizes, the company got the silver medal at the 5th exhibition of the Union centrale des Beaux-Arts in 1876, and also the grand prix at the Exposition universelle internationale de Paris in 1889 (« L’ameublement d’art francais 1850-1900″).

Ok, most probably you wont get their top pieces which were made for the aristocracy and rich customers of this time, but it is also precised that the company was using  quartersawn oak for their furniture structure and also well selected mahogany(« L’ameublement d’art francais 1850-1900″ page 310).

So this is the most important point for a person who may buy a normal Kriéger piece cause this guarantee the stability of the wood hence the quality of the furniture.

 

1876年centrale des Beaux-Artsにおいて行われた博覧会にて銀メダルを獲得、また、1889年パリ万国博覧会では家具製作の技術などを披露し、各国を差し置いてグランプリを獲得しています。

もちろん展覧会で展示されたような家具は一部の上流階級に作られた、ほんの一部の特別なものではあります。しかし、メゾンクリガー社が手がけた家具全般にquartersawn (柾目びき)という製材技術が用いられていられたり、厳選されたマホガニー材が用いられていたりと、一般的な層のものでも大変クオリティーが高いものであることがわかります。

 

メゾン・クリガー社についていろいろ説明してきましたが、会社の歴史や獲得メダルの話よりも最も大切なポイントは、現代に残されているメゾン・クリガー社の商品は、大変クオリティーの高いもので間違いないということです。

たとえそれがメゾン・クリガー社の中で最も一般的なものであったとしても、彼らが作ったものは、基本的なベースがすでにハイクオリティーであり、良質な商品として自信を持ってご紹介できるものです。

 

Kriégerベッドサイドテーブル

ぜひホームページをご覧ください

http://laurentcluet.com/details.php?ref=LPC102

 

de Mianvilleコレクション

Bonjour

Last day a good customer who is passionate about antiques furniture

asked me why the table below is not in the collection de Mianville ?

ローズウッドルイ15世アンティークテーブル-

and he asked me why this one will be :

ルイ15世アンティークテーブル

 

It can seems surprising cause despite the first table get very nice bronzes, some amazing flowers marqueterie patterns, an ethanol varnish finish, a good finishing quality, all is made according to the books,  I did not put it in the de Mianville collection. Well I could have but in deed there is something missing to this table : a patina.

Also it is a unique and top quality piece, as it is not that old yet, time did not shape a nice patina yet which would give it the little something that gives antiques this je ne sais quoi.

Now check the second one (not restored yet).

It has got a very simple marqueterie pattern, the top has been over exposed to the sun, there are some few damage there and there. Well despite all these aspects when you get the table in front of your eyes you can feel it has a little something you can barely explain, what ???

the patina? the proportions? the curving shape? the atmosphere? the the the…

Small trick

Bonjour

Sometimes, really easy thing can be use to fix things that seems to be an issue.

Today’s example is when the piece is not stable, so one of the foot is too long compare with the three others.

We are not talking able looseness in the junctions parts between the tenon and mortaise.

No.

If these parts are all good, the matter is just the length of one foot.

So to fix the issue, you have either to add length to a foot or remove length to another foot.

People who are not familiar with  restoration will first think about making concerned foot shorter and finish the job like this.

Indeed, it is a mistake and it is a mistake for at least 2 reasons.

First reason is that when you say restoration, you have to think REVERSIBILITY.

Which means that what you have done on the piece can be undone, in the future, without damaging the wood.

Now if you shorten a piece of wood, it can not be undone. The wood you removed is gone and it is gone. You could eventually glue  a thin wedge later on, but original wood would still be gone.

The second reason,  is you did not understand the reason of the issue properly. If all the foot are tightly set in there places, and if one foot is shorter than the other ones, it is simply because  wood, with time passing and conditions, will move, getting shorer, longer, twist, etc… So for example due to the place it was cut out, a foot can shrink a little bit more than the three others and then bring the slight instability.

Now lets say the new owner place is just a bit more humid than the previous owner’s place.

Then, if by mistake you shortened one foot to make the piece stable, once it will arrive to the new owner place, the concerned foot may take back a little bit of length, and so the instability problem you thought you have sorted out it indeed back.

So what I do when I am concerned by such case, I simply add length to the concerned foot, by fixing a small wedge, not even with glue,

but with a double face scotch tape. So that even the owner can remove it easily if necessary.

It is fully reversible, you did not remove any wood, and it is also invisible ( which is by the way a important principle of restoration).

reversible wedge

 

La fauteuil crapaud (ou crapau)

Bonjour

I recently put on my website a « crapaud » armchair,

アンティークナポレオン3世アームチェア

When I was looking for some info about that type of chair, sometimes it pops up as Louis-Philippe and sometimes you find it in Napoléon III style.

These two periods are very closed but  if we refer to Havard dictionary, the « crapaud » armchair started during the Louis-Philippe period.

On page 1065, tome I, it says  » It is usually admitted that the fabrication of this low chairs does not excess 50 years « , as the dictionnary was first published in 1890, and considering that it took him few years to write the book, these 50 years he is talking about would bring us to around 1840, which was Louis-Philippe’s reign.

Havard page 1065

 

 

新掲載商品<アンティークフラワースタンド>

こちらも新しく掲載いたしましたルイ15世様式フラワースタンド

アンティークフラワースタンド

 

本当に美しい商品です

こちらは、少し前にブロンズを綺麗にしているところをブログでご紹介いたしました

http://www.blog.laurentcluet.com/%E6%89%8B%E5%BD%AB%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%82%BA/

そのときの迫力満点のドラゴンヘッドが四本の脚を飾っています

 

アンティークフラワースタンド

蓋をした状態です

 

こちらは140年~150年ほど前のものですが、当時お花を飾る専用の家具としてつくられました。

写真のお花がある部分は直接水や土を入れられる容器になっています。

当時はお花を飾るためだけのものでしたが、ここへ氷などを入れてシャンパンやワインを冷やしてテーブル横へ置いてもとても素敵ですよね!

 

とても美しくて、修復が完了したときはしばしウットリ眺めてしまいました・・

 

詳しくはホームページをご覧ください

http://laurentcluet.com/deMianville.php?ref=LPC146#LPC146

 

 

 

新掲載商品<ルイ15世アームチェアセット>

こちらも新しく掲載いたしました

修復が完了したばかりのルイ15世様式アームチェアセットです

ルイ15世アンティークアームチェア

 

椅子を新しく張りなおす時は輸入生地を扱うショールームで生地を選んで、いつも椅子張りをお願いしている職人さんの工房へ店主が自らはこびます。

椅子張りが完了すればまた店主が運転する車で迎えにいき、当店へ戻ってきます。

新しい生地を選ぶのはとても難しく時間がかかるのですが、生まれ変わった姿を見たときはいつもとても感動します!

こちらのセットもとても素晴らしい姿になって戻ってきました

ルイ15世様式アンティークスツール

 

スツールは単品でもセットでもお買い求めいただけます

 

ちなみに今回の生地は、店主が選びました

大きなヒゲのおじさんが選んだとは思えない可愛さですよね・・^^

 

詳しくはホームページをご覧ください

http://laurentcluet.com/details.php?ref=LPC144

 

新掲載商品<ナポレオン3世アームチェア>

新しくホームページへ掲載いたしました

ナポレオン3世スタイルのアームチェアです

ナポレオン3世アームチェアフラワー生地

こちらは、フランス語で « crapaud(クラポ)” と呼ばれる形で、crapaudは、「雄のカエル」という意味で、日本で言うガマガエルやヒキガエルのような、どっしりした大きめのカエルというイメージです・・

そう言われてみればかたちが似てる・・!

・・か?な?(笑)

アンティークナポレオン3世アームチェア

名前の由来は置いといて

今回は下のフリンジのみを新しく付け直し、生地はフランスで買い付けたそのままの状態です

ナポレオン3世アームチェア-座面

生地はとても美しく、とても保存状態が良い商品です

 

このスタイルは座面が低く作られており、ゆったり深く座れるようになっています。

その昔は暖炉の前や寝室へ置かれ、プライベートなリラックスタイムのために使われたそうですよ

体の大きなフランス人がそうしたように、このソファにゆったり座って読書などを楽しんでみませんか?

 

詳しくはホームページをご覧ください

http://laurentcluet.com/details.php?ref=LPC143

一部商品セールのご案内

只今、一部のベッドサイドテーブルがお買い得になっております!

人気のフラワーマーケトリーのものなど、非常に状態が良くどのご家庭にも取り入れていただきやすいベッドサイドテーブルを、10%~18%オフにてご紹介中です

フラワーベッドサイドテーブル

その他「お買い得商品」カテゴリー内で、ベッドサイドテーブル以外の一部商品もお買い得価格にて掲載いたしておりますので、そちらも合わせてご覧ください

 

セール期間は未定となっておりますので、このチャンスをぜひお見逃しなく!!

 

詳しくはホームページをご覧ください

http://laurentcluet.com/display.php?choix=Table%20de%20nuit

 

新掲載商品<ボウマン社ベントウッドチェア>

新しい商品をホームページへ掲載いたしました

Baumannベントウッドチェア

baumann(ボウマン)社のベントウッドチェアです

座面裏にはボウマン社の古いステッカーが貼られており、いい味を出しています

アンティークベントウッドチェア

籐で編まれた座面が涼しげなケインチェア

 

Baumannベントウッドチェア-背もたれナチュラルな色が素敵です

クラシカルにもカジュアルにも、合いそうですので

アンティーク初心者の方にも取り入れていただけ易い一品ではないでしょうか?

 

 

詳しくはホームページで

ぜひご覧くださいませ

 

http://laurentcluet.com/details.php?ref=LPC142