Archives mensuelles : décembre 2016

image_pdf

19世紀の後半のフランス家具

Bonjour

Recently I finally figured out the era a nice item I have was made.

It is about this table:

ルイ15世アンティークテーブル

I always been confused with it and previously I wrote it was made at beginning of the 20th century.

Well indeed with a new look at it, this is not 20th century.

Few days ago it suddenly came to my mind and I think it is end of 19th century. The quality of the manufacture is still excellent:

the bronzes are screwed not nailed and they are also marked and numbered.

There is no veneer at all, hot hide glue was used to assemble pieces and the finish is a ethanol based varnish.

I would say most probably (to not say definitely) this was made by a great Parisian furniture company during the second half of 19th century.

We are here in the same range of quality as Krieger, Mercier or one of these furniture makers which were known for the quality of their products during the period 1850-1900.

You may see it there :

http://laurentcluet.com/details.php?ref=LPC121

 

クレジットカードがご利用いただけるようになりました

Bonjour,

店舗でのお支払いにつきまして、以下のクレジットカードがご利用いただけるようになりました

インターネットでのご注文には、従来どおりお振込みでのお支払いとなります。

visa-logo1

どうぞよろしくお願いいたします!

 

アンティーク版画

Bonjour,

一度だけ、家具以外の話をさせてください

Just this once, I will talk not about furniture but about a engraving,

これは、私がとても好きな そして多くの男性もきっと共感してくれるであろう絵です。 なぜなら多くの男性が経験しているストーリーが描かれているからです。

There is one I really like and I guess many men will too, cause it is a story that happen to most of us.

まず、このタイトルをごらんください « FAISONS LA PAIX », 日本語にすると、《仲良くしようよ》

という感じ。

First, let me show you the title, « FAISONS LA PAIX »,

which means in japanese « naka yoku shimashou » or something like that,

FAISONS-LA-PAIX

ご覧ください

Now check it out:

FAISONS-LA-PAIX-HUG

 

そう、これはひどいケンカの後の恋人たちが、ケンカを終えてラブラブな状態へ戻ろうとしている場面です

もっとも、先に謝まり、許しを乞うて仲直りの努力をしているのは彼の方でしょう..

So of course it is after a big argue, and the two lovers (but here I guess it is more from the

gentleman) want to finish the fight and be back to their « lovely » relationship.

彼女の手には、彼の顔が入ったメダルネックレスが握られています。

Note by the way  the medallion that the lady is holding with her lover picture inside:

FAISONS-LA-PAIX-MEDAILLON

とにかく、一番大切なポイントは、このストーリーはハッピーエンドに終わっていること。

そしてもしあなたが同じくソウルメイトとケンカをしてしまった時には、この絵のストーリーと同じような結果に終わることを願っています。

So anyway, most important is that the story finishes well, and I hope for you too in case of argue with your soul mate.

最後にこの絵のディテールについて。

紙(絵)と額縁、カバーガラスなど すべて19世紀に製作された版画です。

For the technical details, note that this engraving is all 19th century, the paper, the frame and the glass.

キャビネットの生地

Bonjour,

こちらをご覧ください
6枚のパネルに生地を貼り付けたものです。
これらはナポレオン三世キャビネットの内面となります。

Look at this, these are the 6 panels

for the inside of a Napoléon III cabinet,

キャビネットの生地

 

このパネルを合わせると、生地のモチーフはぴったり揃います
まるで一枚の生地に戻ったようでしょう?

and as you can see, the motif of the fabric follows itself properly :

生地

Realistic drapery

Bonjour

Look at the drapery, I like it cause it is so realistic:

このブロンズ装飾を見てください

まるで本物のような質感がよく表現されていますよね?

とても大好きです!

アンティークブロンズ

the Mindset

Bonjour,

This is like in sport, there are some things you can do only when your mental condition is on

top,

even if physically you can do it, you need the mindset to achieve the goal .

これはまるでスポーツのようです
たとえフィジカルな面が整っていても、ゴールするにはメンタルコンディションが高まっていないといけません。
と言うのは、昨日リスタートしたこちらの仕事。

mindset

 

this was yesterday, I re-started this piece of work, 18th century, Transition era, (circa 1770),

table-de-toilette

I started it first almost one and half year ago for few weeks and then the mental vanished…

Hopefully this time, I will finished it, 

By the way this is a model we can see in Roubo’s book, published in 1772,  gravure 266,
実はこちら、一年半前ごろに一度修復をスタートしたのですが、この細かい作業に途中でメンタルコンディションが低下して、修復は一旦中止していました。
今回は最後まで気持ちが続きますように!

 

By the way this is a model we can see in Roubo’s book, published in 1772,  gravure 266,

この家具は18世紀のトランジション時代、マリーアントワネットの時代に作られたものです。
1772年に発行されたRoubo氏の本に同じモデルのものの版画が掲載されています。
出来上がりをお楽しみに!

Roubo-table-de-toilette