Archives mensuelles : mars 2017

image_pdf

18世紀ルイ16世ゴールドコンソール

Bonjour,

Available soon.

掲載間近の商品です

こちらは18世紀、マリーアントワネットの時代のものです。

素晴らしいウッドカーヴィングにゴールドフィニッシュ、半円形でトップには大理石がついています。

This is an authentic 18th century,Marie-Antoinette’s era, wood carved golden finished,semi-circular console with marble top .

まず上部を飾る装飾について。

ジャンクションのキューブにはフラワーが飾られ、そのキューブを繋ぐ 立体的に捻られたツイストリボン、リボンの下にはローレルの葉、そしてその下にはまるで生花のように生き生きとした花で造られたガーランドが垂れ下がっています。

The top carved part come with floret on the junction cubes which are linked to each others by hallowed-out twisted ribbons, just below comes the laurel and you have a set of lively garlands of flowers suspended to the whole.

脚全体はあばら型に彫られ、コマの形をした脚元、その上に葉のモチーフが飾られています。

そして下部のクロスピースはローレルの葉の模様、その上にアンティーク水瓶のモチーフ、それをまたさらにフラワーガーランドが飾っています。

天板は白筋の入ったピンクの大理石です。

Spinning top and  stylized leaves come  at the bottom of the ribbed legs.

Then. the bottom crosspiece is nicely carved with laurel and an antique vase decorated with garlands of flowers sit on the top of it.

The whole is covered with a white veined pink marble.

装飾やストラクチャーや組み立てるためのピンやジョイントテノン(ほぞ継ぎ)など、全てが木材で1つずつ彫り出されている事も、この時代に作られた事を表しています。

フィニッシングには、Meudon white(石膏)、Armenian bole (粘土)、そしてゴールドが使われているようです。

18世紀 約1780年のルイ16世スタイルのもので、もちろんフランス産です。

All the carved parts are in wood not in stucco. The structure in oak is assembled with tenon-mortise and dowel.

The finishing is most probably a Meudon white – Armenian bole – gold type.

It is an 18th century work, about 1780 and of course it is French, Louis XVI style.

ルイ16世ゴールドコンソール

これこそがまさに、リアルな歴史の断片です。

このコンソールが使われていた所を想像してみてください。

時はフランス革命前。マリーアントワネットが現役の王妃で、機械や電気もなく、家具は木材のカットから組み立て、糊付け、仕上げ作業もすべて職人の手作業で行われている。

そんな時代の、伯爵夫人や公爵夫人のお屋敷のサロン。

ロココもしくはネオクラシックモチーフで飾られた壁に、折り重なったカーテン、とても高い天井。

シルクのドレスや琥珀折のスーツを着た人たちがアームチェアに座り、古いロココ調シャンデリアの下で世間話をしながらテーブルゲームをする…

そんな今とは別世界の映画のような空間に、この目の前にあるコンソールが実際に、存在していたのです..!!

For me this is a real piece of history which crossed the ages

You have to imagine this was made when Marie-Antoinette was alive, before the french revolution, before machines, electricity and all came. This piece of furniture all cut, worked, glued, assembled, finished by the hands of a french craftsman, has been laying somewhere in a salon of a countess or duchess manor. There ,leaning back against a wall decorated with rococo or neoclassical motifs, next to the folds of a curtain, and below a titanic ceiling ; it has been  watching for decades and decades all these people wearing big large satin dresses or taffeta suits, talking about the last topic or novel in vogue,  while playing trictrac, seating in one of these armchair, just under the light of an old rococo massive chandelier.

salon-console Louis XVI

 

Think about it if you come to have this piece in your living room…

これがあなたのリビングルームにあるとすれば・・・・!!

 

and just in case you did not see the console I am talking about:

見逃した方へ、念のため。ここにありますよ

salon-console Louis XVI-1

 

Thank you for coming,

お客様各位

去る18〜20日のリニューアルオープンにおきましては、たくさんのお客様にご来店いただきました 心より感謝申し上げます 幸せな3日間をありがとうございました

これからも皆様へ良いものをお届けできるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます

ロホン フィリップ クルエ

3 years Anniversary

Bonjour

お客様各位にはいつもご愛顧いただき、心より感謝申し上げます

このたび当店のリニューアルが完了し、新しく届きました商品とともに装い新たに春をスタートさせていただくこととなりました

そこで来る3月18日〜20日、リニューアルオープン期間といたしまして 日頃の感謝の気持ちを込めてたくさんの商品を揃えてお待ちいたしております 皆さまぜひ遊びにお越しくださいませ

なお21日より通常営業(9:30〜18:00 定休日 日曜、月曜)をいたします

Venez nombreux !

今後とも当店をよろしくお願い申し上げます
3-years-anniversary