用語集

image_pdf

A la reine

皆さんこんばんは

Bonsoir,

 

前回はカブリオレとは何なのかをお話しました。今回は前回と違い背もたれが平面のイスです。このタイプのイスはア ラ レーン“à la reine”と呼ばれます。

本によっていくつかの定義がありますが、基本的には同じ定義をしています。

 

Last time, we saw what a cabriolet seat was. Today, we will see the opposite, which is a seat with a flat back, called “à la reine”. There are few definitions which vary according to the source but basically the following definition is correct:

 

“イスやアームチェアの座部の背間たれが平面(四角形、長方形、楕円形、バイオリン形、など)で、ルイ15世様式とルイ16世様式の特徴となっている”

(Le mobilier domestique, Tome 1, page 48)

 

“Seat (chair or armchair) with a flat back (rectangular, square, oval, violin shape, etc.) which gets the characteristics of the Louis XV or Louis XVI style “

(Le mobilier domestique, Tome 1, page 48)

 

アンティークアームチェアà-la-reine

ルイ16世様式アームチェアà la reine

アンティークチェアà la reine

ルイ16世様式チェア à la reine

アンティークチェアà la reine

Bonne soirée

Laurent Philippe Cluet

br_c_1441_1

Cabriolet

Good evening everyone,

皆さんこんばんは。

In antique furniture, there are many types of seats with many types of function.

So there are many types of appellation. Today we will clarify about the seats called « cabriolet ».

In this note, I am referring only to the French furniture.

So what is a chair called cabriolet ? as you may have heard this term.

アンティーク家具には、様々なイスやソファのタイプがあり、その機能の違いから、呼び名も違います。

本日は« cabriolet »についてお話しましょう。

ちなみに、私はフレンチアンティークについてしゃべっております。

では、どのようなイスが« cabriolet »と呼ばれているのでしょう?もしかしたら、カブリオレという名前を皆さん聞いたことがあるかもしれません。

 

In the Justin Storck (it seems he was French despite his name which sounds Anglo-Saxon) cabinet-making dictionary , at the word cabriolet definition page, we have few illustration,  but that’s definitely not clear. You could think that any armchair is a cabriolet.

Justin Storckによって作られたcabinet-making dictionary(家具作りのための辞書)のカブリオレの定義のページではいくつかのイラストがありますが、これらの定義だけではわかりづらいです。アームチェアであればカブリオレなんじゃないかと思ってしまうかもしれません。

下にJustin Storckの辞書cabrioletについてページ

 Justin Storck about cabriolet

 

So another source is Roubo, on page 615 and page 634, he explains us, that the cabriolet chair (or armchair), is the one with a curved shape for the flat part (the seating part) so the back of the chair (or armchair) as to be concave.  And to clarify completely he draw a fully detailed illustration.

About the name itself, Roubo says he does not know if it has something to do with the vehicle of the same name that also appears during this era.

では、Rouboのページをめくってみましょう、615ページと634ページにて彼はカブリオレ、もしくはカブリオレアームチェアーは座る部分が上から見たときに湾曲しており背もたれ部がその座部に沿うように湾曲しているイスを指すと定義しています。イラストでよりわかりやすくするため、詳細を描いています。

彼の名前でもある家具職人のバイブルであるRouboにおいて、車の名称に使われているカブリオレとの関連ははっきりとしていないと書かれています。ただ、同じ時代にカブリオレと呼ばれる馬車が登場したことが知られています。

下にRouboのページ634

 Roubo page 634

下にRouboのイメージ231

Roubo illustration 231

Anyway, more recently, in the “Mobilier domestique” tome 1, page 48, it is also clarified. Havard is quoted and the Encyclopédie (Diderot’s) is quoted. They are taking the same definition as Roubo, which is a chair (or an armchair) with a concave back.

後に作られた“Mobilier domestique”第一巻の48ページにおいてHavardEncyclopédie (Diderot’s)Rouboと同じように背もたれ部が座部に沿って湾曲しているイス、アームチェアをカブリオレと定義する、と引用されています。

 Mobilier domestique page 48

So therefore, we can say that a chair or an armchair, can be qualified by the term “cabriolet” if its back is concave.

これらのことから、アンティークのイスやアームチェアがカブリオレかどうかを確認するためには背もたれが湾曲しているかどうかを見ることで判断することができます。

下にcabrioletアームチェアです(背もたれは湾曲しているので)

 cabriolet armchair

下にcabrioletではありませんチェアです(背もたれはフラットなので)

non cabriolet chair

Laurent Philippe Cluet

br_c_1441_1

Cire

みなさんこんばんは

Bonjour

 

本日は家具にとって非常に大事なアイテム、ワックスについてお話したいと思います。

ワックスは動物性(蜂など)、植物性(カルナバ、キャンデリラなど)、そして鉱物性(オゾケライトなど)と種類があります。

もちろん、アンティーク家具をレストアする際にはワックスを持ってなければならないです。

 

遅くとも18世紀にはワックスでの使用方法が確立され、19世紀から20世紀にかけて重要な仕上げが出来上がりました。

 

Jean-Félix Watinの1772年の専門書 »L’art du peintre, doreur, vernisseur » で確認出来ます。

 

ページ342より

« On ne vernit guère les bois d’ébénisterie, on se contente de les frotter avec de la cire »

訳すると

« 木の家具は仕上げとしてあまりニスを使用しません、ただワックスでポリッシュします »

 

 

Today, I want to talk about a very important product in furniture: the wax.

The waxes  can be animal (bees), vegetal (carnauba, candelilla), or mineral (ozokerite).

 

ビーワックス

ビーワックス

 

カルナバワックス

カルナバワックス

 

This was the dominant finishing method at least during the 18th century.

 

It is confirmed by monsieur Jean-Félix Watin in his treatise book « L’art du peintre, doreur, vernisseur » published in 1772. Here I quote on page 342:

« On ne vernit guère les bois d’ébénisterie, on se contente de les frotter avec de la cire »

which means:

 » We barely varnish the cabinetry woods, we simply polish them with wax »

Wax remains an important way of finishing the furniture during the 19th and 20th century .

And even today for the antique restoration you have to have some wax in your workshop.

1774年に出版された偉大なるRoubo氏の » Le menusier ébéniste « の862/863/864ページにいくつかのワックス使用法がうまく説明されています。

私にとってもいくつかの点において素晴らしい仕上げ方法だと言えます。

These different waxing methods are well describe and explain by monsieur Roubo, in his treatise  » Le menusier ébéniste «   published in 1774 at the pages 862/863/864.

For me this is a very good finish for few reasons.

その理由として

1つ目に、ワックスを使用することでその当時に使われていた伝統的な仕上げから外れることがありません。(ニスを使用し始めたのは18世紀の終わり頃)

2つ目に、後々メンテナンスをする際に機械的なものは必要でなく全て手作業で行うことができます。すなわち、どなたが買ったとしてもご自身で手入れをすることができるのです。

First,  by using wax, you are sure to not make an anachronism as it is definitely the traditional way of finishing furniture (varnish on furniture appears only by the really end of the 18th century) .

Second, the maintenance is accessible even for the people who are not at ease with manual tasks, and that is good because if you can maintain yourself your furniture you may keep them in good condition for a while, which is one of the main point when you have some antique furniture.

 

3つ目に、ワックスはちょうどいい輝きとテカリを生み出します。つまりは、アンティーク家具は現代の家具のようなニスを使ったテカリでは木目を活かすことができないのです。

And third, it gives just a light brightness, satinated, semi-gloss look. In short, the way an antique  piece should be and not a flashy bling made with some modern varnish that will show only brightness and not the wood’s vein .

 

ワックスの仕上げ

ワックスの仕上げ

さて、もしかしたら、あなたはワックスを使った場合には保護が高くないなどと聞いたことがあるかもしれません。

しかし18世紀、19世紀から現存する状態の非常に良い家具もニスではなくワックスのみを使っていることからも、ワックスが保護力が引くとは私は思いません。

Now you may have heard that wax gives a very low level of protection.

I don’t think it is so true, as a lot of pieces from the 19th and even 18th century came to us until now in very good conditions and they have never been varnish but just waxed.

 

もちろん、通常の使用と、適度なメンテナンスが施されていることが条件です。

Of course you have to use these pieces the normal way and assure a regular maintenance.

 

ちなみに、ワックスで仕上げている家具はワックスをかけ直す必要は年に1〜2度ほどで問題なく、多くを必要としません。

過度なワックスは残りかすをうみ、木を疲れさせてしまいます。特に色のついたワックスを使う場合は木目を隠してしまいますし、ベタベタしてしまうでしょう。

 

Note by the way that you simply need to re-wax  the waxed pieces only once or twice a year, not more. More than that the wax will accumulate and become dull, may be a bit sticky and hide the wood’s vein, especially if it is colored wax.

もし、ワックスが多少はがれ、表面がくすんで見えてきた場合軽くブラシングをして上げることで輝きが取り戻せるでしょう。

Indeed when the wax is losing a bit of its brightness you simply need to brush it again and brightness will reappear.

 

 

もちろん現代のニスは、家具をより保護してくれるでしょう。ただ、やはりアンティークにはワックスの方が、ぴったりきます。

Well of course some modern varnish may protect better your furniture but for me it simply does not match with an antique piece.

Bonne journée.

 

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1

Commode au singe

A Charles Cressent chest:

 

commode-au-singe

 

およそ1740年

Bois de rose (ローズウッド)

Bois de violette(キングウッド)

天板はSarracolinの大理石

Bonne soiree

Laurent Philippe Cluet

br_c_1441_1

 

 

Directoire様式

Bonjour

(また短くしましたがこのスタイルはもっと詳しいです。)

 

ディレクトワール様式はルイ16世様式とエンパイア様式の間にありました。

Directoireテーブル-ビューロー(Lucien Chanson, "Traité d’ébénisterie" page 253 )

Directoireテーブル-ビューロー(Lucien Chanson, « Traité d’ébénisterie » page 253 )

 

優雅な曲線とルイ16世様式のの直線が融合しています。

Directoireコンソール

Directoireコンソール(Lucien Chanson, « Traité d’ébénisterie » page 251 )

この時代のアイテムは、落ち着きがあり、エレガントです。

この時代独特なものとしてシートが挙げられます。

Directoireチェア

Directoireチェア(Havard, page 658, Tome I)

 

引用元: » Traite d’ébénisterie » by Lucien Chanson, 251-256ページより

 

 

The Directoire style is a transition style between the Louis XVI style and the Empire style.

Graceful curved lines marge with the Louis XVI straight lines.

Piece are getting sober and elegant. You can find a bit of originality

especially in the seats.

Source: « Traité d’ébénisterie » by Lucien Chanson, page 251~256

 

Voilà bonne journée

Laurent Philippe Cluet

http://www.laurentcluet.com/

 

br_c_1441_1

 

 

 

Elastique

伸縮性素材(ばね)

Elastique

椅子の座る部分に使われる金属製のバネには、そのままのもの、銅、スズ、ニッケルなどのメッキ加工をされているものに、様々な形と大きさがあります。バネの下部はストリップ部分に縫い付けられ、上部はヘシアンクロスに縫い付けられます。

(“Le mobilier domestique” Tome 1, page 17にて定義される)

 double-coned springs - ロホン フィリップ クルエ

stitched springs - Laurent Philippe Cluet

Metallic spring, natural, copper-plated, tin-plated or nickel-plated from different size and shape, used to amortize the seat base. The bottom part of the spring is stitched to the strip while the top is stitched to hessian.

(Definition from “Le mobilier domestique” Tome 1, page 17)

重要なこととして、椅子にバネを使うことが普及し始めたのが、1820〜30年頃だということです。

それ以前にも使われてるものもありますが非常に稀なケースになります。

The important information is that it started to be commonly used in the seat garniture from 1820/1830. You may find some before but in rare case.

ばねの形 - ロホンフィリップ クルエ

Laurent Philippe Cluet

br_c_1441_1

Empire様式

Bonsoir

今日Empire様式について短い文書を書きました。

エンパイア様式(帝政様式)は1800年頃に始まり1830年頃まで続きました。

この年代はナポレオンやルイ18世そして彼の兄弟であるチャールズ10世が含まれます。

Empire様式ビューロー

左:Empire様式ビューロー(Storck, page 235)
右:ナポレオンのビューロー(Havard, page 934, Tome IV)

家具のデザインはたくましく、少し重く、そして堂々とした印象に変わりました。

主に四角や立方体の形が使われています。

Empire様式チェスト (Lucien Chanson, "Traité d’ébénisterie" page 258 )

Empire様式チェスト
(Lucien Chanson, « Traité d’ébénisterie » page 258 )

Empire様式ベッド(Storck, page 235) 

Empire様式ベッド(Storck, page 235)

 

曲線をえがいた銅などがデコレーションに使われていることも特徴と言えます。

レストレーション時代(1815〜1830年)には、形がディレクトワール様式につか付きました。銅などの使用がなくなり、組木細工がかわりに使われるようになりました。

 

( 引用元: »Traité d’ébénisterie » by Lucien Chanson, 251~258ページより)

The Empire Style started in about 1800 and finsihed in 1830. So it includes the the Napoléon era and the reign of Louis XVIII and his brother Charles X.

The furniture’s design became rigid, imposing and a bit heavy. The dominant shapes are the cube and the square.

The decorative carved bronzes are also dominant.

During the Restoration era, from 1815 until 1830, the shapes look like the Directoire’s shapes. The bronzes disappear and are replaced by some marquetry.

(Source: »Traité d’ébénisterie » by Lucien Chanson, pages 251~258)

Bonne soirée.

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1

 

Jaconas

Bonsoir à toutes et à  tous.

今日はちょっとアップホルスタリーについて書きます、特に見えないコットンの布地です:

The ジャコナ (jaconas)。

 

Jaconas

Jaconas

Havard tome III 70ページにはモスリン(muslin)とパーケール(percale)の中間に位置する上等な布地とあります。

しかしながら、家具の座部においてはこのジャコナは完璧な最終的仕上げとしてストラップの下部に使われます。

それには2つの理由があります。1つ目はストラップやもつれを隠し美しく見せることです。

2つ目は最も大事な理由になります、馬の毛によるゴミを落と差無いようにするためになります。

古いジャコナ

strapsとjaconasの間に古い毛が見えます.

 

ジャコナを使用することが一番望ましくはありますが、手元にない場合は通常の似たような綿の布地でもいいでしょう。

 

The jaconas is a cotton fabric.

According to Havard, tome III page 70, it is a fine fabric between the muslin and the percale.

However, in upholstery this fabric is used for the ultimate finishing step, which is fixing a piece of jaconas below the straps.

This has two main function. The first one is obviously esthetic, as the jaconas will hide the straps and the eventual  ravels.

The second one and most important is to catch the horsehair dust.

It is better if you are a purist to use a jaconas fabric for this step, but a normal thing fabric cotton similar to the jaconas can also be used if you don’t have another  alternative.

 

Bonne  soirée.

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1

 

 

 

Médaillon

Bonsoir,

今日はMédaillon(大型メダル)についてお話させて頂きます。

家具作りにおいて、背もたれ部が大型メダルに似た楕円形のものをメダリオンチェアと呼びます。背面部のまわりにカービングが施されているものもあります。(Justin Storck, 510ページ)

チェア、アームチェア、そしてソファなどで見ることができるでしょう。

In cabinetry, the medallion chair is a chair which has the back in oval shape which looks like a medallion, it can come with woodcarving (Justin Storck, page 510).

It can concern chair, armchair or sofa.

この背面部のメダリオンはちょうどいいサイズのものや、大きすぎるために見た目を損なうものまであります。

19世紀後半、ナポレオン三世の時代において、下記のイラストでご覧頂けるようにメダリオンのサイズは非常に大きいです(わかりづらいかとは思いますが、実際に実物を見ることがあればご理解いただけるはずです)。

前脚部にキャスターを見ることができれば、その椅子はルイ・フィリップの時代以降に作られたことがわかります。

Anyway, sometimes the medallion size is just fine and sometimes the prominent shape of the oval back really gives a graceless result.

This concern the second half of the 19th century, specially Napoleon III period,

As you can see on the illustration below (Justin Storck, page 510), the medallion is really big (It may not be that obvious on the illustration but if you see one of this type for real, you will straight understand what I am talking about). See the casters on the front foot, you can deduce these concern the Louis-Philippe era and after.

メダリオンチェア-例

ルイ15世様式メダリオンチェア/アームチェア/ソファ

こちらはルイ16世様式になります、大きな違いを見つけることは難しいでしょう。

個人的な意見にはなりますが、この形はいい趣味とは言いがたいです。

Ok it is Louis XV style, but with different proportion the result is really not there. Some people may like it but in my opinion, any person who has good taste will not go for it.

逆に以下の写真にあります19世紀以降のルイ16世様式の物は非常に形が整い、また個人的な意見にはなりますが、見栄えが非常に良くなります。

At the contrary, on the photo below, it is also second half of 19th century but proportions are more in phase with the Louis XVI style and the piece, again according to me, is more graceful.

メダリオンアームチェア

ルイ16世様式 メダリオンアームチェアー

Bonne soirée

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1

Palme

こんにちは

Bonjour

ある朝、公園を散歩していると落ち葉がたくさん落ちているのに気が付きました。

The other day, I went for a walk in the morning,

While walking in that park I saw this on the ground:

ヤシ

その時思いついたのは“葉っぱ”(正確に言うとヤシの木の葉、パーム)のことを紹介しよう!なぜなら、この“葉っぱ”のモチーフはよく装飾アートに使われるからです。

Then it gave me the idea to write a bit about this leaf(more precisely a palm), that is indeed a motif frequently used in the decorative arts.

フランスではこのモチーフを“パーム/パルメ” または“パルメット”といい、ヤシの木の葉を意味します。

ジャスティン シュトルクはシンプルで分かりやすくこう言っています。“パームの枝は装飾と彫刻の中でモチーフとして頻繁に使用されます”。(ページ:588)

In French, this motif is called “palme” and “palmette”, and as its name said it represents a palm.

Storck gives a good and simple definition (page 588):

“Palm tree branch frequently used as motif in decoration and sculpture”.

palmette例-Storck

StorckのPalmette例ですが家具にでわない(ページ588)

またハーバード(Tome IV, page 30/31)も同じようなことを言っていますが、彼は枝ではなくヤシの葉を強調しました。

彼が言うには、ヤシの葉のデザインは昔からファブリック(布、織物など)に使われていたらしいです。

中世紀に、金細工からそれらのモチーフが発見され17世紀にはたちまち布地や織物のデザインによく使われました。

As for Havard (Tome IV, page 30/31), he is giving pretty much the same definition, but he refers to the leaf of the palm tree.

According to him, the palme is used since Antiquity for the edifices.

During the Middle-Age, we find it in the goldsmithery, and it become fashionable during the 17th century especially in the fabrics.

Havardのpalmeとpalmetteの例

Havardのpalmeとpalmetteの例

もし本物のヤシの葉を見ても驚かないでくださいね。だってどう見てもモチーフで使われている形とは程遠いですから。でもよくアンティークの家具を見てみたら(ハーバードや他の人たちが言っていたように)、このモチーフは形の違うモチーフがたくさんあって…少し“ヤシの木の葉”に見えてきませんか?例えば下の写真みたいに。

Now don’t be surprised if you see some palmes and palmettes with a shape that does not really looks like a palm. As you can observe on the antiques furniture (and as Havard and others precise) this motif was made in many different shapes, and even the motifs which looked like just a bit like a palm were called palme and palmette.

We have an example on the photo below:

アンティークイスにパルメット

アンティークイスにパルメット

最後に私がこの“パーム”または“パルメット”から言いたかったことは、これは枝から葉がはえているのか、それとも枝はなく幹に直接葉だけがはえているかということです。

実はヤシの木には枝がありません。ジャスティン シュトルクは枝があると言っていましたが間違えです。

The last point I would like to draw your attention is from the palm and the palmette, which one is the branch with leaf and which one is the leaf only.

Well indeed as a palm tree as no branch, Justin Storck made a semantic mistake here talking about a “branch”.

でも彼の勘違いをフェアに考えて、そしてこのような勘違いをしてしまったことをフランスでは一言で“ヤシの木”… “palmier パルミエ”と言ったりします。他にはnoyer ノイヤー, marronnierマロニエ, pommierポミエ, prunierプルニエ… こっちは普通の木ですけれどもね。

But let’s be fair-play with him, this type of mistake can be easily made as we call the palm tree “palmier” in one word in French. There are other species like noyer, marronnier, pommier, prunier which are normal trees.

もしあなたが植物学者じゃなくて“パルミエ”と聞いたら、この木は普通の木だと言って枝や葉っぱについて語れるけど、ここで紹介したジャスティンがヤシの木に枝があると言っているのはおかしなことです。

So if you are not a botanist, when you hear “palmier”, you will consider this tree as normal and speak naturally about branch and leaf. Indeed here, Justin Storck refers to the palm when he is talking about branch.

確かなことは“パーム”はヤシの木の葉をモチーフにしているということと、パルメットは小さいサイズのヤシの木だということです。

To resume, we can clearly say that the “palme” is the motif representing the palm, and that the palmette is a small palme.

Bonne soirée

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1