Maison Kriéger (日本語訳)

image_pdf

Bonjour

Few months ago, I wrote few lines about the Maison Kriéger.

Today I am giving some more information about it.

数ヶ月前、私は「Maison Kriéger(メゾン・クリガー)社」についての話を少し書きました。

今回は、もう少し詳しく書いてみようと思います。

Kriéger工場

Above is the Maison Kriéger  workshop located at the faubourg Saint-Antoine, in Paris around 1884.(« L’ameublement d’art francais 1850-1900″ page 41 )

The company started in the middle of the 19th century till about 1945 (« L’ameublement d’art francais 1850-1900″ page 310 ).

It was specialized in the furniture but later on also developed the decoration.  Around 1920-1930 about 1000 persons were working at the workshop.

上の写真は、1884年のパリのセイント-アントワに構える、メゾン・クリガー社のワークショップです。

この会社は19世紀中ごろから1945年までに活躍しました。

家具製作会社として繁栄し、のちには室内デコレーションも手がけました。1920年~1930年頃には、約1000人の従業員を抱える会社でした。

 

Kriégerカービング工房

Kriégerカービング工房

Kriéger工房

Kriéger工房

The company used different marks to sign its pieces, among others, some are below:

メゾン・クリガー社のサインは数種類ありましたが、下の写真はそのうちの2例です

Kriégerロゴ

KRIEGER-FURNITURE-STAMP

 

According to Emile Bergerat (« L’ameublement d’art francais 1850-1900″ page 41),

in 1878 the Kriéger company was the biggest furniture company in Paris and was famous all over Europe.

At the end of the 19th century the workshop was like a factory covering a surface of two hectares . Good quality piece and also exceptional pieces were produced.

Emile Bergeratの著によると、メゾン・クリガー社は、1870年のパリで最も大きな家具制作会社であり、ヨーロッパ全体においてもとても有名な会社でした。

19世紀末、ワークショップは2ヘクタールの敷地をもつ工場のようで、高品質で一般的なものから希少性の高い商品まで幅広く手がけていました。

Table  à thé aux chérubins

Table à thé aux chérubins

Krieger booth at the Exposition universelle de Bruxelles in 1910

Krieger booth at the Exposition universelle de Bruxelles in 1910

Among others prizes, the company got the silver medal at the 5th exhibition of the Union centrale des Beaux-Arts in 1876, and also the grand prix at the Exposition universelle internationale de Paris in 1889 (« L’ameublement d’art francais 1850-1900″).

Ok, most probably you wont get their top pieces which were made for the aristocracy and rich customers of this time, but it is also precised that the company was using  quartersawn oak for their furniture structure and also well selected mahogany(« L’ameublement d’art francais 1850-1900″ page 310).

So this is the most important point for a person who may buy a normal Kriéger piece cause this guarantee the stability of the wood hence the quality of the furniture.

 

1876年centrale des Beaux-Artsにおいて行われた博覧会にて銀メダルを獲得、また、1889年パリ万国博覧会では家具製作の技術などを披露し、各国を差し置いてグランプリを獲得しています。

もちろん展覧会で展示されたような家具は一部の上流階級に作られた、ほんの一部の特別なものではあります。しかし、メゾンクリガー社が手がけた家具全般にquartersawn (柾目びき)という製材技術が用いられていられたり、厳選されたマホガニー材が用いられていたりと、一般的な層のものでも大変クオリティーが高いものであることがわかります。

 

メゾン・クリガー社についていろいろ説明してきましたが、会社の歴史や獲得メダルの話よりも最も大切なポイントは、現代に残されているメゾン・クリガー社の商品は、大変クオリティーの高いもので間違いないということです。

たとえそれがメゾン・クリガー社の中で最も一般的なものであったとしても、彼らが作ったものは、基本的なベースがすでにハイクオリティーであり、良質な商品として自信を持ってご紹介できるものです。

 

Kriégerベッドサイドテーブル

ぜひホームページをご覧ください

http://laurentcluet.com/details.php?ref=LPC102

 

Bonne journée

Laurent Philippe Cluet
Antique shop Yokohama - French tradition - 18&19th century techniques and material
アンティークショップ横浜 - フランス伝統家具 - 18&19世紀当時の技法と材料を忠実に



       

コメント、質問する

メールアドレスは第三者に公開されることはありません。 * は必要項目

*