Archives du mot-clé アンティーク

image_pdf

シャンデリア完成!!

先週末より子供たちが立て続けに体調を崩し

今日久しぶりに出勤したら

1 (1)

シャンデリアが完成していました~!

 

磨きなおしたブロンズとクリスタル、電球も新しくして

ピカピカ美しく蘇りましたよ

バカラクリスタル

バカラクリスタルシャンデリア

バカラアンティークシャンデリア

天井が低いのでキラキラは頭の位置に・・

ぶつけないようにしなければ!!

 

間近で美しい姿を見られてとても幸せです

お嫁に出てしまうまでの間、じゅうぶん眺めて堪能しましょう

 

 

こちらでご覧いただけます

http://laurentcluet.com/details.php?ref=LPC090

 

 

シャンデリアのお掃除②

クリスタルシャンデリアのお掃除、続いています

 

夫はブロンズの汚れを取り、組み立て

IMG_7717

 

 

私はクリスタルを洗浄し、乾燥中・・

 

IMG_7740

一つも割ることなくできました!(洗っただけですが・・)

 

 

クリスタルを下げるためにつけられていた針金は

クリスタルボールの針金穴まで掃除するためにカットしてしまいましたので、それをこれから一つずつ作っていきます。

 

地道な作業の末に完成した姿・・感激はひとしおでしょう~

 楽しみです

シャンデリアのお掃除

昨日から続いています、シャンデリアのお掃除

今回はフランスで買い付けたままの状態で取り付けていたBaccaratのシャンデリアです

バカラアンティークシャンデリア

この状態、よ~くご覧になっておいてくださいね!

今でも美しいこのシャンデリアがどれだけ綺麗に蘇るのでしょう・・

バカラクリスタルシャンデリア

 

バカラシャンデリア

バカラクリスタル

 

分解して、ブロンズとクリスタルに分けました。

使っているのはこれだけの数のクリスタル。

DSC_0613

ブロンズは真鍮ブラシなどで磨き、クリスタルは一つずつ洗います

 

どんくさい私が触ると、夫の鋭い視線がとんでくる・・

はい、落としたりしないよう慎重に扱います!

 

 

さぁどんな様子に生まれ変わるのでしょう!私も楽しみです

お楽しみに!

オイルランプに火を灯して・・

 

当店の雰囲気アップに貢献してくれているオイルランプ

総ブロンズ製、テーブル部分はオニキスです。

アンティークブロンズランプテーブル

 

 

19世紀につくられた大変古いものですが、状態はとてもよく、その姿は優美で豪華

さらに実際に現役で火を灯せるのですよ~とこれまでもずっとご紹介だけはしていたのですが、

 

今回お客様からのリクエストもあり初めて実際に火をともしてみました

 

 

1

オイルはアウトドアショップなどで手に入るパラフィンオイルのケロシン(白灯油)です

IMG_7510

 

 

着火点と空気を入れる量を調整するつまみで、炎の大きさを変える事ができます。

実際つかってみると、古いものなのによくできているなぁと感心。

 

19世紀といわれてもピンとこないかもしれませんが、

電気やガスもない時代です。

昔の方はこうやって光をとっていたのですよね

3

 

お写真を撮る加減で弱い照明をつけていますが、真っ暗にするとゆらゆら炎の影がぼんやり浮かび出て

とっても素敵な空間になりました

 

 

電気もガスもない昔々に、実際に使われていたこの姿

便利な現代にはない、優雅でロマンティックな空間がたっぷりあった時代だったのでしょう

 

 

煌びやかな花瓶

19世紀につくられた、大変美しい花器です

1

スタンド部分は総ブロンズで、とても細かい美しい細工が施されています。

6

 

花瓶部分を支えるのは空想の世界のドルフィン。

プレート部分にも水瓶や水鳥、魚、ドラゴンなどなどギリシャ神話に出てくるようなモチーフが所狭しと飾られています。

2

3

 

ぜひじっくりご覧になってみてください

 

さらに裏側には後ろ髪や後姿・・ちゃんと”裏側”の姿がデザインされています。

本当に細かい仕事です

7

お花を飾るのはもちろん、レアなデザインですのでお花なしのこのままの状態でも十分な存在感がありますね

IMG_7358

1

素敵なワードローブと愛すべきタグ

こちらはルイ15世様式のアルモワール(ワードローブ)

です

IMG_7331 こちらは背が高すぎて店舗の限られた場所にしか入らないので、

お店とは別の場所に置いてあります

とても綺麗で素敵なアルモワールなのに、店舗の天井が低いがために・・涙

 

 

このアルモワールを仕入れたとき、中の棚には衣類を分類するためのお手製タグが貼ってありました

アルモワール棚

DRAPS DE DESSOUS(掛けシーツ)

COUETTES(掛け布団)

TRAVERSINS(長枕)

TAIES(枕カバー)

CHEMISETTES(半袖シャツ)

CHEMISES(長袖シャツ)

 

などなど・・

 

数段ある棚は、きっちり分類して使われていたようです

きっと几帳面なマダムが使っていたのでしょうね

 

 

アルモワール内部

以前の持ち主さんの日常に触れられる愛すべきアイテムでしたが、

やはりすべて綺麗にリムーブしました

 

中も大変綺麗で状態の良いアルモワールです

 

素敵な空間でリフレッシュ

当店のお客様が出店されたお花のイベントへ行ってきました

お花イベント

 

出展されている方皆さんが、ご自身の思い入れのある国をイメージされて生けられたお花の世界

それぞれの特徴をお花で表現されていてとても興味深かったです

 

お花イベント2 お花イベント3

広い会場にはしゃいだ子供たちを捕まえるのに必死で..チェロとビオラの素敵な演奏の途中で退席してきた私たち..悲しい

お花イベント4

お花イベント5

 

それでもお花に囲まれてクラッシックの生演奏(途中退席)

素敵な空間に、リフレッシュさせていただきました〜〜

 

 

お花イベント6

 

 

Bonne journée

フラワーマーケトリーベッドサイドテーブル

こんにちは

素敵なベッドサイドテーブル(ナイトテーブル)のメンテナンスが完了いたしました

 

まず目に入るのが全体を飾るローズウッドの寄木模様と花の象嵌細工。

美しくカーブした前面と側面に素敵にマッチしていますね

 

トップのフラワーマーケトリーです。

ローズウッドの木目ラインがふんだんに生かされています。

不器用な私には信じられない細かい作業です

本当に素敵ですよね

 

 

前面も・・・

 

 

”真面目で細かい仕事” と言えば日本人の誇るべき国民性ですが、

当店に置いてある家具を見るたびに、フランスの昔の職人さんたちも  ただ自分の仕事に純粋に真面目に、美しいものを作り出すために尽力していたんだなぁと 感心させてもらうことばかりです。

 

作り出してくれた職人さんと、美しいまま受け継ぎ残してくれた遠いフランスのどなたかに

感謝です!!

 

ホームページでもご紹介いたしております

ぜひご覧くださいね

http://laurentcluet.com/details.php?ref=LPC202

 

Why some chairs are loose

Bonjour,

Why the chairs are loose ? and specially on the back ?

チェアたちの多くはなぜ歪みやガタツキが出るのか?そして、なぜ背もたれの部分がとくに多く?

 

I saw I engraving in my book last time, and I thought I already saw it somewhere before,

先日私の専門書の中でこんな版画を見ました。しかし この絵はどこかで見たような・・?

家具の教科書

 

Indeed I saw it in my shop.

そう、同じものが当店の壁に。

アンティーク版画

 

 

In the book they use this engraving to show the make up table but anyway there is also a very interesting details in this picture.

You can see the high ceiling, the long pieces of fabrics there and there, the wall decoration, the clock on the wall, some few items, the floor type, the type of clothes and some few more things.

この版画は、女性の化粧台が題材になっていて、女性が鏡を見ながらドレスを着替える様子が描かれています。

壁や時計のデコレーションのために美しい生地があちこちから垂れ下がり、高い天井にエレガントな部屋の様子も伺えます。

フランスアンティーク版画

But look closely at how the nobleman is seating in the armchair

しかし面白いことに気付きました

誰も気にかけないでしょうが、よく見るとこの貴族の男性の座っているアームチェア・・

French-noblemanFrench-nobleman2

 

He is swinging on the chair, and I was also doing it when I was at school, but it seems any person was doing it since may be chairs are chairs.

そう、彼はアームチェアをゆらゆら揺らしながら美しい女性を眺めているのでしょう

私も子供の頃学校でこうやって座っていました!誰もが一度はやったことありますよね

18世紀の貴族だってこんな立派なチェアで同じ事やっていたのです

椅子が歪む原因の一つを発見です!

 

The detail point

Bonjour,

You may have noticed on some cabinet shelves covered by fabrics,

sometimes there is some fabrics missing in the corner where the door is supposed to pass.

For example:

キャビネットの棚につけられた生地について

ときに、ドアの開閉部に接する部分の生地が付けられていない場合があります

例えばこのように↓

3

 

or there too:

こちらの棚も同様です↓

4

 

It is not a big deal as you barely see it either when the door is closed or opened,

but just for the sake of it, I also covered this part:

ドアを開けていても閉めていてもほとんど見えない場所なので特に大きな問題ではないように思えますが

やはり私はより良い状態を好みます

2

1