Archives du mot-clé フレンチポリッシュ

image_pdf

来週ご紹介予定の素晴らしいもの

Bonjour,

Next week, I may release a very nice piece for my collection de Mianville,

来週、とても素敵なアイテムを 当店のスペシャルカテゴリーcollection de Mianville, にてご紹介いたします。

It is a piece signed by the french company Krieger, purple heart and rosewood, the quality and

the design is really exceptional, will be finished with a french polish:

この家具にはフランスの有名な家具メーカー Kriegerクリガー社のサインがされており、パープルハートとローズウッドが使われ、クオリティ・デザインともに大変素晴らしい商品です。

フレンチポリッシュでの仕上げを終えてご紹介する予定です。

フレンチポリッシュ

 

ウッドグレインを埋めるナチュラルな方法

Bonjour,

A natural way for wood grain filling:

Pumice stone, ethanol and 2 arms to push in.

木材の細かな溝を埋めるためのナチュラルな方法に必要なのは

パミスストーン、エタノール、そしてそれを刷りこむための、2本の腕。

 

自然ウッドフィラー

 

19世紀のはじめ家具職人教科書

Bonjour,

本日はNosban氏について話をしたいと思います。

Nosban氏は家具職人で、フランスにおいてmenuisier-ebenisteと呼ばれ、18世紀から19世紀に生き、 »Manuel du menuisier en meubles et en bâtiment suivi de l’art de l’ébéniste »という本を書き残しました。

19世紀家具職人教科書

Today we will talk about mister Nosban

Mister Nosban was a cabinet maker, called menuisier-ebeniste in french, who lived during the 18th and 19th century. He wrote a book called « Manuel du menuisier en meubles et en bâtiment suivi de l’art de l’ébéniste ».

 

1827年に出版されたこの本は、18世紀終わり頃までの技術と比べ(18世紀の技術については1774年に出版されたRoubo氏の本に詳しく説明されています)、革新が見られることです。

例えば、18世紀初頭には存在しなかった紙やすりが19世紀初頭には使用され始めたことが276-277ページの”l’art de l’ébéniste « の章から分かりますし(1774年に出版されたRoubo氏の著作最終巻により詳しく説明があります)、19世紀初頭に使われた、木工のプロセスを知ることもできるからです。

19世紀家具職人教科書-1

19世紀家具職人教科書-2

 

This book is good because it was published in 1827, which is the beginning of the 19th century and we can see the « evolution »  between  some wood working processes  that were used during the end of the 18th century  (that are well described by mister Roubo in its book which was published in 1774 for the last one) and  some woodworking processes used in the beginning of the 19th century (described in mister Nosban’s book).

 

例えば、紙やすりは18世紀には存在しませんでしたが19世紀初頭に使われ始めたことがNosban氏が » l’art de l’ébéniste « 章の276-277ページで語っています。

For example, the sand paper which did not exist during the 18th century , is now in use at the beginning of the 19th. Nosban talked about it on page 276-277 in the  » l’art de l’ébéniste  » chapter.

 

他にも大きなものとしてワニス(ニス)があります。このころから家具に使われ始めたことがわかります。

仕上げについては281-292ページにてニスを使った仕上げやニスの材料を見ることができます。

Another point concerns the varnish. Its seems varnishing the furniture is now taking off.

In the chapter concerning the finishing, (page 281 to page 292) we can find few processes of varnishing and varnish recipes too.

とにかく、ワックスで仕上げることとニスで仕上げることに大きな違いがあることを »l’art de l’ébéniste « 章288ページにてきっちりと比較しています。

引用させてもらえれば(頑張ってフランス語からベストな形で訳してみます;

“ニスで仕上げた場合幾分時間が経つと小さな傷や、はげてきやすい。

だからほとんどの場合においてワックスを使用することが好ましい。特に一点物の家具については手入れも簡単だからであります。

ワックスで磨き込む、それはコルクで塗布し、はみ出したものを鋭くないヘラで取り除いたのち、布切れなどを使って輝いてくるまで磨き込む。

ワックスコーティングは表面が冴えなくなってきたときに利点があります。ウールのなどで磨いてあげることでまた輝きを取り戻します。特別な職人など必要ありません。ただ、明るさや木目がはっきりを出すことについてはワニスが勝っています。”

Anyway there is a very true and exact remark that mister Nosban make concerning the different of results between wax finishing and varnish finishing (page 288 in the « l’art de l’ébéniste  » chapter).

As I like it I quote it for you below, ( I try to translate it the best from French):

« The varnishes we just talked about get more or less scratches after a while  and are likely to peel off.

That’s why most of time we prefer the wax and specially for the ordinary furniture and its application is easy too.

We scrub the furniture with wax, we spread it with a piece of cork, we remove the excess with a blunt scraper and then we polish it with a piece of sheet or twill until it becomes shinny.

This coating gets the advantage that if it becomes dull, polishing it again with a piece of wool will make it shinny again, with no need of the craftsman, but this brightness is dark and the wood veins don’t come up as good as with a varnish ».

 

数行でNosban氏は簡潔にワックスとニスの違いをまとめています。

仕上げの章もっとも大切な情報はフレンチポリッシュです。

Nosban氏は283-284ページで詳しく説明しています。

Mister Nosban simply summarized the differences between  wax and varnish application and result too in few lines.

But the most important information we can find in the finishing chapter is the one concerning the French polish.

Mister Nosban explains the process on page 283/284.

 

ニスなどのフレンチポリッシュは19世紀初頭に使われ始め、18世紀には存在しませんでした。

このことは他の本でも書かれています。例えばFrancois Germondの “L’ébéniste restaurateur »146ページや、Xavier Dyevreの本 » Vos meubles anciens »54ページにあります。

So we can conclude that  the french polish process  was existing and was in use at the beginning of the 19th century but NOT during the 18th century.

This is also confirmed in some other books , like « L’ébéniste restaurateur » by Francois Germond on page 146, or in the Xavier Dyevre’s book   » Vos meubles anciens » on page 54.

1774年に出版されたRoubo氏の »Le menuisier ébéniste »、864-865ページにおいても語られいます。彼がニスについて説明しているのは伝統的なもの、すなわち:ニスを何層も塗布する。次を塗る前に表面がきっちりと乾いていることを確認しなければならない。最後のニスが完全に乾いたのちに、少しの柔らかい石とパッドを用いて表面を平らにします。

The other « reference » person who confirms this,  is mister Roubo in its « Le menuisier ébéniste » published in 1774 on page 864/865. The varnish application process he described is the traditionnal one, to wit: spreading  the number of varnish layer you would like to,  and make sure the pervious layer is fully dry before you put the next one. Once the last layer is fully dry you smooth the varnish with a pad and a bit of rotten stone.

 

18世紀のRoubo家具職人教科書

18世紀のRoubo家具職人教科書