Archives du mot-clé ワックス

image_pdf

アンティーク家具の仕上げ材とその時代について(ホームページより抜粋)

ホームページにも掲載しております、店主の豆知識

少しずつこちらでもご紹介していきます

第一弾は、仕上げ塗料と使われていた時代についてです

店主が愛読する、アンティーク家具についての専門書を参考にしています。

 

 

アンティーク家具の仕上げ材とその時代について

ワックス:
専門書で見ると、現代に残されたアンティーク家具に使用されている仕上げ塗料のうち、最も古くに使われていたのは、ワックスです。
少なくとも18世紀、 もしくはそれ以前より、アンティーク家具や天然木を使う家具に使われていました。
ワックスは仕上げ材として弱いと言われることもありますが、何十年も前に造られ、 現代まで素晴らしい状態で残されているアンティーク家具たちを見れば、アンティーク家具を丁寧に正しい状態で使用している上では、ワックスが弱いという説は否定できる部分もあるでしょう。

 

ニス:
ニスが家具の仕上げ材として使用されるようになったのは、19世紀初頭です。
18世紀にもニス仕上げの家具はありましたが、その当時の主流はワックスでした。

18世紀、19世紀に使われていたニスは、エタノールベースのニスでした。1920年頃セルロジックニスが登場し、第二次世界大戦後よりポリエステルやポリウレタンのニスが使われるようになっていきました。

 

 

 

 

ホームページでは他にも様々な知識をご紹介しておりますので、どうぞご覧になってください

http://laurentcluet.com/

Got tricked !

Bonsoir,

Sometimes you get tricked by wax and varnish.

This one below, even before I checked I was really sure the finishing was wax,

so I bought nice quality pure wax cause I already planned for the finishing  once the

restoration would be finished.

1750年-Transition様式-化粧台

 

Indeed it is varnished !

I was really surprised.

Now  look at this one below:

ローズウッドアンティークビューロー-1

who would think it is a wax finishing ? I know it cause I made it

but if I would see this one somewhere, first I would think it is a varnish.

sometimes….

 

Cire

みなさんこんばんは

Bonjour

 

本日は家具にとって非常に大事なアイテム、ワックスについてお話したいと思います。

ワックスは動物性(蜂など)、植物性(カルナバ、キャンデリラなど)、そして鉱物性(オゾケライトなど)と種類があります。

もちろん、アンティーク家具をレストアする際にはワックスを持ってなければならないです。

 

遅くとも18世紀にはワックスでの使用方法が確立され、19世紀から20世紀にかけて重要な仕上げが出来上がりました。

 

Jean-Félix Watinの1772年の専門書 »L’art du peintre, doreur, vernisseur » で確認出来ます。

 

ページ342より

« On ne vernit guère les bois d’ébénisterie, on se contente de les frotter avec de la cire »

訳すると

« 木の家具は仕上げとしてあまりニスを使用しません、ただワックスでポリッシュします »

 

 

Today, I want to talk about a very important product in furniture: the wax.

The waxes  can be animal (bees), vegetal (carnauba, candelilla), or mineral (ozokerite).

 

ビーワックス

ビーワックス

 

カルナバワックス

カルナバワックス

 

This was the dominant finishing method at least during the 18th century.

 

It is confirmed by monsieur Jean-Félix Watin in his treatise book « L’art du peintre, doreur, vernisseur » published in 1772. Here I quote on page 342:

« On ne vernit guère les bois d’ébénisterie, on se contente de les frotter avec de la cire »

which means:

 » We barely varnish the cabinetry woods, we simply polish them with wax »

Wax remains an important way of finishing the furniture during the 19th and 20th century .

And even today for the antique restoration you have to have some wax in your workshop.

1774年に出版された偉大なるRoubo氏の » Le menusier ébéniste « の862/863/864ページにいくつかのワックス使用法がうまく説明されています。

私にとってもいくつかの点において素晴らしい仕上げ方法だと言えます。

These different waxing methods are well describe and explain by monsieur Roubo, in his treatise  » Le menusier ébéniste «   published in 1774 at the pages 862/863/864.

For me this is a very good finish for few reasons.

その理由として

1つ目に、ワックスを使用することでその当時に使われていた伝統的な仕上げから外れることがありません。(ニスを使用し始めたのは18世紀の終わり頃)

2つ目に、後々メンテナンスをする際に機械的なものは必要でなく全て手作業で行うことができます。すなわち、どなたが買ったとしてもご自身で手入れをすることができるのです。

First,  by using wax, you are sure to not make an anachronism as it is definitely the traditional way of finishing furniture (varnish on furniture appears only by the really end of the 18th century) .

Second, the maintenance is accessible even for the people who are not at ease with manual tasks, and that is good because if you can maintain yourself your furniture you may keep them in good condition for a while, which is one of the main point when you have some antique furniture.

 

3つ目に、ワックスはちょうどいい輝きとテカリを生み出します。つまりは、アンティーク家具は現代の家具のようなニスを使ったテカリでは木目を活かすことができないのです。

And third, it gives just a light brightness, satinated, semi-gloss look. In short, the way an antique  piece should be and not a flashy bling made with some modern varnish that will show only brightness and not the wood’s vein .

 

ワックスの仕上げ

ワックスの仕上げ

さて、もしかしたら、あなたはワックスを使った場合には保護が高くないなどと聞いたことがあるかもしれません。

しかし18世紀、19世紀から現存する状態の非常に良い家具もニスではなくワックスのみを使っていることからも、ワックスが保護力が引くとは私は思いません。

Now you may have heard that wax gives a very low level of protection.

I don’t think it is so true, as a lot of pieces from the 19th and even 18th century came to us until now in very good conditions and they have never been varnish but just waxed.

 

もちろん、通常の使用と、適度なメンテナンスが施されていることが条件です。

Of course you have to use these pieces the normal way and assure a regular maintenance.

 

ちなみに、ワックスで仕上げている家具はワックスをかけ直す必要は年に1〜2度ほどで問題なく、多くを必要としません。

過度なワックスは残りかすをうみ、木を疲れさせてしまいます。特に色のついたワックスを使う場合は木目を隠してしまいますし、ベタベタしてしまうでしょう。

 

Note by the way that you simply need to re-wax  the waxed pieces only once or twice a year, not more. More than that the wax will accumulate and become dull, may be a bit sticky and hide the wood’s vein, especially if it is colored wax.

もし、ワックスが多少はがれ、表面がくすんで見えてきた場合軽くブラシングをして上げることで輝きが取り戻せるでしょう。

Indeed when the wax is losing a bit of its brightness you simply need to brush it again and brightness will reappear.

 

 

もちろん現代のニスは、家具をより保護してくれるでしょう。ただ、やはりアンティークにはワックスの方が、ぴったりきます。

Well of course some modern varnish may protect better your furniture but for me it simply does not match with an antique piece.

Bonne journée.

 

Laurent Philippe Cluet

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1

手製ワックス

Bonjour

この間ご注文いただきましたお客様のためにHand-madeのアンティークレシピのワックスを調合しました:

蜂ワックスとカルナバ ワックスを

テレビン油でやわらかくして:

 

アンティークワックスの準備

 

Fullにして

ロホン-フィリイプ-クルエのアンティークワックス

 

 

もちろんpackageもしました。

ロホン-フィリイプ-クルエのアンティークワックス-1

 

Bonne journée

 

Laurent Philippe Cluet

http://www.laurentcluet.com/

br_c_1441_1