Archives du mot-clé Roubo

image_pdf

新鮮なエタノールニス

Bonjour

調合したばかりのニスはとても良い香りがします

ラベンダーオイルの香りやレモンのような香り・・

天然素材の良い香りを、皆さんにも実際に嗅いでもらいたいです

this is not wine but a fresh varnish I just finished to prepare

you come and smell yourself, lavender, lemon and other good fresh smells..

新鮮なエタノールニス

 

 

The Secret

皆さんこんばんは,

Bonsoir,

もし、あなたが工房で何が行われているのか興味があったり、もしくは、工房で修練をしたことがあれば、あなたは“Secret”(秘密)という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

そう、今回は工房における秘密についてお話します。もちろん、秘密を知ってる人は簡単に他の人に話すことはありません。

 秘密は、工程の中に隠されていたり、カラーリングの妙であったり、もしくはレストアをする際の知られていない技術であったりと、多岐にわたります。

If once in a time you were interested in some crafts activities, or either if you have practiced some in some workshop, you may have heard the word “secret”.

Yes I am talking about these “workshop’s secrets”. And of course the person who knows the secret will not tell you.

It can be a secret preparation or a secret way for coloring wood. Or even an unknown technique for restoring furniture. So it can be anything.

もし、あなたが私に技術的なことを聞いてきたとして、「これは誰にも教えられない!」などと答えれば、それは失望を生むことでしょう。

秘密を秘密のままにしておくことは往々にして間違っていると言えます。

では、Rouboの792ページ目から引用しつつ何故秘密を一人だけで隠すことがいけないかを説明していきましょう。

“家具職人において木材のカラーリングは重要な一つであり、木材を染め上げるためになにが必要か、例えば果物であったり、花であったり、動物由来のものであったり。しかしながら、家具職人の多くは彼らのアドバンテージを守るために染色の秘密を隠し続けます。

I f one day, you ask me something and I tell you “I cannot tell you it is a secret”, then I should be downgraded to the bottom.

The secret way is a fully wrong and bad way to do.

Let me quote Roubo (page 792) to explain you why nobody should use the “secret way”

“The wood coloration is of a great importance for the cabinetmakers because it is the way that allow them to the give to the wood the colours they need to represent all kind of objects like fruits, flowers, animals etc. However the cabinetmakers always made a big secret about the composition of their dye to keep the benefit of it exclusively for themselves.

そのせいで、多くの家具職人が作り上げた技術やレシピの多くは伝え残されておらず、不幸にも知るすべがないのです。だからこそ、我々は不完全なものでもいいものであっても共有することで、より良い物へと改良することができるのです。”

That’s why most of the composition that the old cabinetmakers used did not come to us, or were wrongly imitated. So the ones we are currently using are either defective, or if they are good, they cannot be improved as the ones who know their composition are hiding the making process to the other cabinetmakers and even to the person who have the knowledge to improve the composition of their dye”

ご理解いただけたと思いますが、“秘密”は何もいいことがありません。“秘密”はノウハウを減らすだけでなく、不完全な技術が残されていくのです。

As you can see, doing the “secret way” has absolutely no positive point, it only produces the know-how loss and may create defective techniques and method.

私自身は秘密を持たないようにしています。もしあなたが何かしらを尋ねてきたら私は包み隠さず私の知識、行っている方法を教えます。あなたの間違いを減らすことを手助けできるでしょうし、もしあなたがより良い方法を知っていれば教えていただくことで私自身のミスも減らすことができるでしょう。

I have no secret. If you come and ask me something, I will tell you what I know and the way I do, it can help you not making mistake but it can also help me not making mistake as you may know better than me.

Laurent Philippe Cluet.

http://laurentcluet.com/

br_c_1441_1

背もたれの高さが低くなりました

みなさんこんにちは

Bonjour

皆様お気づきかもしれませんが、年代によって形が非常に違ってきます。

As you may have noticed, according to the era, the seats shapes are really different.

チェアルイ14世様式

チェアルイ14世様式

 

à la reineのいす

à la reineのいす by Roubo illustration no 226

一つの大きな変化が起きたのは17世紀から18世紀にかけて、背もたれの高さが低くなりました。Roubo(614ページ)によると、高さが3pieds(約90センチ)から18—19 pouces(45—48センチ)に変わりました。何故でしょう?

そこには2つの大きな理由があると言っています。:

One of these notable changes is that between the 17th century and the 18th century, the height of the back of the seat decreased. According to Roubo (page 614), the height of the back came down from 3 pieds (about 90 cm) to 18/19 pouces (45/48 cm). So why ?

For Roubo, there are 2 main reasons to that:

一つ目は、女性も男性もヘアスタイルに気を使うようになったからです。背もたれが頭につくことでヘアスタイルが崩れるのを防ぐために頭よりも低い高さになりました。

The first one is that the women and men care about their haircuts, so the head has to be above the back of the seat to not unmake the hairststyle

二つ目の理由は、当時使われていた、ファンデーションやポマードによって生地を痛めないようにするために背もたれの高さが低くなりました。

The second reason is that, in order to not spoil the upholstery with the powder and the pomade that people were using at that time, they decreased the back height (that the powder and the cream does not come in contact with the fabrics).

Mr.Rouboに敬意を払って

(Thank you mister Roubo.)

 Laurent Philippe Cluet

http://www.laurentcluet.com/home.php

br_c_1441_1